編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

SAP第2四半期決算、クラウド売上高が129%増

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-22 15:16

 独SAPはクラウドサブスクリプションの着実な増加を享受しているが、顧客がローエンドのクラウドサービスを好むようになったことで、利益は縮小した。


 SAPは現地時間7月21日、2015会計年度第2四半期の決算(6月30日締め)を発表した。営業利益は7億100万ユーロで、前年同期の6億9800万ユーロから増加した(為替の影響を除いた恒常通貨ベースで約1%増加)。1株当たり利益は0.39ユーロだった。

 税引き後利益は4億6900万ユーロ。非国際会計基準(IFRS)ベースの営業利益は13億9000万ユーロ、1株当たり利益は0.80ユーロだった。

 Reutersの調査では、アナリストらが非IFRSベースの利益を13億9000万~14億5000万ユーロと予想していた。つまり、SAPの決算は最も低い予想と同じとなった。

 第2四半期のIFRSベースの総売上高は49億7000万ユーロで、前年同期から20%増加した。

 今回の決算では、SAPのクラウド部門の堅実な成長が浮き彫りになった。SAPによると、クラウドサブスクリプションおよびサポートによるIFRSベースの売上高は5億5200万ユーロで、前年同期の2億4100万ユーロから129%増加したという。クラウドサブスクリプションおよびサポートによる非IFRSベースの売上高は5億5500万ユーロだった。

 全体的に見ると、クラウドおよびソフトウェアによるIFRSベースの売上高は40億6000万ユーロで、前年同期から21%増加した。クラウドおよびソフトウェアによる非IFRSベースの売上高は40億6000万ユーロで、前年同期の33億6000万ユーロから21%(恒常通貨ベースでは9%)増加した。

 「SAP HANA」の顧客数も増加を続けており、7200社に達した。前年同期の顧客数は3600社だった。

 SAPは通年の見通しを改めて示したが、内容は以前と変わっていない。同社は2015年通年のクラウドサブスクリプションおよびサポートによる非IFRSベースの売上高を恒常通貨ベースで19億5000万~20億5000万ユーロと想定している。これは、前年の11億ユーロから86%の成長率を示すことになる。

figure_2
2015年度第2四半期の業績
figure_3
2015年度上半期の業績

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]