「Ubuntu 15.10 Wily Werewolf」をリリース--クラウドとサーバ関連の新機能は?

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-26 11:04

 「Ubuntu」は既に支配的なクラウドOSの地位を確立している。「Ubuntu 15.10」(開発コード名は「Wily Werewolf」のリリースによって、Canonicalの「Ubuntu」はさらなるシェアの拡大を目指す。

 Canonicalの新UbuntuリリースWily Werewolfでは、クラウドとサーバ関連で複数の機能が強化されている。

 まず、Canonicalは「Ubuntu OpenStack」クラウドを展開および管理するための新ツール「OpenStack Autopilot」をUbuntu 15.10にバンドルした。OpenStackのインストールは容易ではない。MirantisやRed Hatなどの企業もOpenStackのインストールの簡素化に懸命に取り組んでいる。

 AutopilotはUbuntu 15.10と並んで動作し、「Ubuntu 14.04 LTS」と「Ubuntu OpenStack Kilo」の展開と管理、および拡張を行う。リリース間のインプレースアップグレードを完全にサポートできるように設計されている。

 また、OpenStackの最新ディストリビューション「Liberty」にも対応している。

 Wiley WerewolfサーバはLinuxカーネルのバージョン4.2を採用している。

 サーバ関連では、Ubuntuのマシンコンテナハイパーバイザ「LXD」がUbuntuにデフォルトで搭載されるようになった。LXDを利用することで、Ubuntuサーバは多数のほかのLinuxゲストコンテナを簡単にホストできる。

 Ubuntu 15.10では、Ubuntuの「Metal as a Service」(MaaS)プラットフォームも改善されている。これを利用すれば、Linuxや「Windows」OSを物理ハードウェアにインストールすることができる。15.10では、MaaSのウェブインターフェースに再設計が施されており、PCとモバイル端末の両方で使用することが可能だ。

 さらに、コンテナのネットワークアドレススペースを拡張するための「Fanネットワーキング」を追加している。また、Werewolfは技術プレビューとして、ネットワーク負荷の高いアプリケーションでパケット処理を高速化する「Data Plane Development Kit(DPDK)」も導入している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]