編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Ubuntu Linux」、クラウド分野で高いシェアを維持

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-31 10:32

 パブリッククラウド上で最も人気があるOSは「Ubuntu Linux」だ。

 「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」上のOSを対象としたThe Cloud Marketの最新調査結果によると、Ubuntuのインスタンス数はおよそ13万5000あるという。2位はAmazon自身の「Linux Amazon Machine Image(Linux AMI)」の5万4000インスタンスだった。3位は大きく引き離されて「Windows」の1万7600インスタンス、4位と5位はそれぞれ、「CentOS」の8500インスタンス、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」の5600インスタンスである。


 全体像を把握するために、クラウド管理ツールのリーダー企業であるRightScaleの「2015 State of the Cloud Report」を参考にすると、AWSがパブリッククラウド市場の57%を占めており、2位の「Microsoft Azure」のIaaSは12%のシェアである。つまり、AWSのシェアの高さを見れば、クラウド上で最も人気のあるOSは間違いなくUbuntuであることが分かる。

 Ubuntuは「HP Cloud Services」上でも利用可能になっており、Microsoft Azure上でも2013年から利用可能だ。さらに、現在は「Google Cloud Platform」上でも利用できる。

 UbuntuのベンダーであるCanonicalは、プライベートなハイブリッドクラウド向けとして「OpenStack」に相当な力を入れている。同社は「Windows Server」をUbuntuのOpenStack上で稼働させるためにMicrosoftと提携し、「Oracle Linux」を「Canonical Distribution of Ubuntu OpenStack」上で稼働させるためにOracleと提携している。

 Ubuntuはパブリッククラウド上と同様に、OpenStackクラウド上でも優位に立っている。業務で使用されているOpenStackクラウドの53%ではUbuntuが稼働している。CentOSは大きく離されて29%だ。

 クラウド上のOSとしてLinuxに人気が集まる点に驚きはない。驚くべき点は、Ubuntuがクラウド上のLinux OSでトップの座に君臨しているという事実だ。

 Ubuntuは現在、クラウド上のOSとして圧倒的な地位を誇っている。デスクトップOSとしてのシェアも高いが、それはCanonicalが注力している領域ではなく、注力すべき領域でもない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]