編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

元ヴイエムウェアのエンジニアが創業した注目の新興企業3社

Keith Townsend (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-08-31 06:45

 VMwareは「vSphere」データセンター仮想化プラットフォームのほかにも、データセンター自動化やネットワーク仮想化、ストレージ、エンドユーザーコンピューティングなどさまざまな製品を提供している。VMwareの元エンジニアの中には、VMwareエコシステムの価値を高め、時にはVMwareと競合することもある新興企業を創設した人もいる。本記事では、そうした新興企業の中から、筆者が特に興味深いと感じている3社を紹介する。以下の新興企業3社は、VMwareエコシステムの価値を独自に解釈し、競合ハイパーバイザとともにVMware vSphereの用途を拡大している。

PernixData

 PernixDataは、VMwareの元社員2人によって創設された。最高経営責任者(CEO)のPoojan Kumar氏と最高技術責任者(CTO)のSatyam Vaghani氏だ。同社の主力製品は「PernixData FVP」である。同ソリューションの狙いは、VMware vSphereホストに搭載されたローカルのSSDを利用して、ストレージパフォーマンスを向上させることだ。この技術は、ローカルに配置されたSSDを、SANベースのプライマリストレージ向けの読み取り/書き込みキャッシュとして利用されるミニストレージクラスタにプールすることで機能する。

 小規模なストレージベンダーがPernixDataと提携し、PernixData FVPと比較的ローレンジまたはミドルレンジのストレージアレイを組み合わせる統合ソリューションを提供している。この統合ソリューションを利用することで、予算の限られた組織も少ない初期費用でオールフラッシュアレイのパフォーマンスを手に入れることができる。

 先頃、一連のレイオフが発表されたことで、PernixDataの将来を危ぶむ声もある。レイオフは後退というより規模の適正化だ、と同社は主張している。PernixDataは直近の四半期に記録的な売上高を達成したとしている。

SpringPath

 VMwareはハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)システムへの大規模な投資を開始している。VMwareは「VMware Virtual SAN」でHCI市場に参入した。その後、VSANをベースとする「EVO:RAIL」HCIアーキテクチャを発表している。HCI分野では、いくつかの新興企業が登場しており、SpringPathもその1つだ。SpringPathの創設者は、VMwareの元社員であるMallik Mahalingam氏(SpringPathのCTO)とKrishna Yadappanavar氏だ。

 SpringPathはソフトウェアだけを手がけるHCI企業である。VMwareのハードウェア互換性リストに準拠するコモディティx86サーバを利用することで、完全なHCIソリューションを作り出している。vSphereが必要なVMware VSANと異なり、SpringPathはさまざまなハイパーバイザやコンテナソフトウェアと連携する。

提供:SpringPath
提供:SpringPath

Platform9

 筆者がPlatform9のチームと初めて話をしたとき、彼らはひっそりと製品戦略を開発しているところだった。同社のソリューションは、「VMware Lab Manager」を失ったことによるフラストレーションから生まれた。VMware Lab Managerは、開発者やインフラストラクチャが仮想マシンリソースのプロビジョニングを行うために使用していたセルフサービスポータルだ。VMwareがクラウド中心の技術に戦略を移行させるにしたがって、Lab Managerは軽視されるようになった。vCloudはあまりにも複雑すぎることが判明したため、Lab Managerの喪失によって、使いやすいラボプロビジョニングツールがなくなってしまった。

 Platform9の4人の幹部は、以下の元VMwareエンジニアによって構成されている。

  • CEOのSirish Raghuram氏
  • 製品担当バイスプレジデントのMadhura Maskasky氏
  • エンジニアリング担当バイスプレジデントのRoopak Parikh氏
  • チーフアーキテクトのBich Le氏

 その後、Platform9はLab Managerの代替品を作るというピンポイントな目標から離れていった。同社の手がける製品は、管理レイヤをPlatform9にアウトソーシングすることで、「OpenStack」を迅速に展開できる機能を顧客に提供する。Platform9のクラウドベースのサービスでOpenStack管理機能を提供するので、ユーザーは複雑なOpenStackの管理に頭を悩ませる必要がない。また、OpenStack APIによって、経営チームがOpenStackの習得に苦戦することなく、開発者はリソースのプロビジョニングを行うことができる。

提供:iStock/Eugene Sergeev
提供:iStock/Eugene Sergeev

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]