プリンタ新利用モデルの課金システムを短期立ち上げ--エプソン販売

NO BUDGET 2015年11月10日 17時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソン販売は、2014年8月にサービスを開始したプリンタの新サービスモデル「エプソンのスマートチャージ」において、課金システムを活用し、短期間での立ち上げや迅速なビジネス展開を実現した。構築を支援したアビームコンサルティングとソフトウェアを提供したSAPジャパンが11月9日に発表した。

 エプソンのスマートチャージは、エプソンが提案する複合機、プリンタの新しい導入方法。従来のコピー機とは異なり月額料金で利用できる、プリンタや複合機の利用、インクなどの消耗品、保守サービスが含まれたオールインワンのサービスとなっている。

 月額基本料金はプリンタが5000円、複合機は6000円(いずれも税別)から。プランごとに設定している毎月の印刷枚数までは追加料金が発生しない。機器はエプソンが貸与する形となっており、ビジネスインクジェットの最新機器、消耗品、保守サービスを「モノ+コト売り」のパッケージで提供する、戦略的プロジェクトとなっている。

 同ビジネスの基盤として採用したのは、SAPジャパンのビジネスソフトウェア製品「SAP hybris Billing」。課金ビジネスの形態に合わせて統合課金、統合請求、債権管理のコンポーネントで構成しており、中核となるエンジンを活用して効率的に課金計算し、請求処理まで一連の流れを実行する。

 これにより、機器情報から収集したデータを活用することで、「使用量に応じた従量課金」の新商品やサービスを提供するというIoT型のビジネスモデルを生み出すことを実現した。なお、同ソリューションは海外でさまざまな業界の企業で採用されてきた実績があり、日本では今回のプロジェクトが商用での初導入になった。

 またアビームは、同プロジェクトにおけるビジネスプロセスの策定から、構築、導入支援までを一貫してサポートした。具体的な内容は以下の通り。

  • 業務プロセス(顧客・契約管理~課金計算~請求処理~請求明細書)のフロースルー化
  • プリンタの印刷枚数に基づく料金プラン「基本料金+従量料金」やグループ契約課金(割引)などの高度な従量課金と請求機能の実現
  • SAP hybris Billingを用いて設定ベース(ノンプログラム)で拡張性の高い課金計算機能を実装
  • プリンターから消耗品(インク残量)データを収集して、消耗品の残量を検知し、自動補充指示する機能を提供

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算