パスワード管理サービス「LastPass」、フィッシング攻撃で情報流出の恐れ--研究者報告

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ) 2016年01月19日 11時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パスワード管理サービスのLastPassが、ある特定の種類のフィッシング攻撃に狙われると、ユーザー認証情報を盗まれたり、2要素認証システムを迂回されたりする可能性のあることが分かった。

 この攻撃は、クラウドサイバーセキュリティの新興企業Praesidioで最高技術責任者(CTO)を務めるセキュリティ研究者のSean Cassidy氏が、ワシントンDCで開催された2016年のハッキングカンファレンス「ShmooCon」で明らかにしたものだ。「LostPass」と名付けられたこの高度なフィッシング攻撃は、ユーザーをだましてパスワードや電子メールを盗み出したり、LastPassのボールト(保管庫)に保存されているすべてのパスワードやドキュメントを盗み出したりできる。

パスワード管理サービスのLastPassに、特定の種類のフィッシング攻撃により、ユーザー認証情報を流出する恐れがあるという。

 Cassidy氏がブログに記したところによれば、LastPassのシステムは、他の多くのシステムと同じく、フィッシング詐欺に対して絶対に安全であるとは言えないという。フィッシング攻撃では、正規のものに見せかけながら、情報を盗み出したりマルウェアをインストールしたりすることだけを目的に作られた不正な電子メールやウェブページが利用される。

 LostPassフィッシング攻撃がうまくいくのは、「LastPassがブラウザに表示するメッセージを攻撃者が偽造できる」ためだと、Cassidy氏は説明する。

 「LostPassによる偽のメッセージと本物には違いがないため、ユーザーはその区別がつかない。通知とログイン画面はピクセル単位まで同じなのだ」(Cassidy氏)

 LastPassにはリモートでアクセスできるAPIがあるほか、ユーザーをログアウトさせるクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)に対する脆弱性が存在するため、たとえ2要素認証を有効にしていても、ユーザーの情報は危険に晒された状態にある。

 LostPass攻撃を開始するには、標的にしたユーザーを不正なウェブサイトにアクセスさせるか、クロスサイトスクリプティング(XSS)に対して脆弱な正規のウェブサイトにアクセスさせる必要があるとCassidy氏は述べている。悪質なコードが仕込まれたウェブサイトは、ユーザーに対し、ログインの有効期間が切れたので再度ログインするよう求める通知を表示する。さらに、CSRFに対する脆弱性を利用することで、そのサイトはユーザーをLastPassからログアウトさせ、その通知を正規の通知に見せかけることができる。

 その後、ユーザーが再度ログインしようと偽の画像をクリックすると、LastPassにそっくりなログインページが表示されて、認証情報を盗み出すために使用される。しかも、LastPassのAPIはオープンであるため、攻撃者のサーバはそのAPIを呼び出して、認証情報が正しいかどうか、2要素認証が必要かどうかをチェックすることさえ可能だという。

 2要素認証が必要な場合には、攻撃者はユーザーを2要素認証画面に誘導できる。

 Cassidy氏は次のように述べている。

 「攻撃者は、正しいユーザー名とパスワード(および2要素認証用のトークン)を取得すると、標的にしたユーザーのすべての情報をLastPassのAPIからダウンロードできる。

 われわれは緊急連絡機能を利用してアカウントにバックドアを仕掛け、2要素認証を無効にし、攻撃者のサーバを『信頼済みデバイス』として追加することができた。本当に何でもできるのだ」

 Cassidy氏によれば、LastPassはHTMLベースの「Chrome」ブラウザ用ログインページを使用しているため、この攻撃はChromeに対して最も有効だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]