IaaS「CUVICmc2」にERP「S/4HANA」--2017年春から利用

NO BUDGET

2016-03-15 17:06

 安川情報システムは、統合基幹業務システム(ERP)に「SAP S/4HANA」を採用し、システム基盤として伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が提供するIaaS「CUVICmc2」を採用する。2016年夏から構築を開始し、2017年春からの利用を予定している。3月10日に発表された。

 安川情報システムは、産業用ロボットやサーボモーターなどを開発、生産する安川電機の情報関連グループ会社として、設立以来約40年、安川電機とグループ会社の基幹システムの構築と運用を担当している。

 2011年から安川情報システムが進めるERPのグローバル展開やグループ展開では、独自テンプレートの開発やコード体系の標準化などを進めてきた。ERPパッケージ「SAP ERP」を約2年間でアジア6拠点に展開し、現在までに国内外14拠点への展開を完了している。また業務運用支援として「SAP Solution Manager」の導入も進めている。

 CUVICmc2は、SAP製アプリケーションをはじめとする基幹系システムに特化したIaaS。性能保証、高セキュリティ、実使用料による従量課金が特長のパブリッククラウドで、20%から50%のコスト削減が期待できる。

 安川情報システムは今回、クラウド上にS/4HANAを構築することで、インフラへの投資コストを抑制し、アプリケーションへの戦略的投資に集中する。ノウハウを蓄積し、アプリケーションの開発と運用と合わせてCUVICmc2を使用したSAPアプリケーションを展開していくことで、ユーザーの競争力強化につながるシステムを提供していく。

 同社は基幹システムの構築と運用のノウハウを生かし、主に製造業のユーザー向けにSAP ERP移行や関連システムとの連携などのサービスを提供していく。今後は、運用支援に向けた、SAP認定コンサルタントが常駐するグローバルサービスセンター(コールセンター)の開設も予定している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]