編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

シスコ、IoT関連企業Jasperの買収を完了--IoTクラウド部門を新設へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-23 10:08

 Cisco Systemsは米国時間3月22日、IoT関連の新興企業Jasper Technologiesの買収を完了したと発表した。Ciscoは、14億ドルで買収する意向を2月3日に発表していた。

 Ciscoはこれを機に、Jasperの創業者であるJahangir Mohammed氏を責任者とするIoTクラウド事業部門を新たに設立し、JasperのIoTスタックやソフトウェアポートフォリオを活用していくという。

 またCiscoは2015年11月に、ドイツのケルンに拠点を置くParStreamも買収している。ParStreamは、ネットワークに接続されていれば、どこからでもほぼリアルタイムで、大規模なIoTデータを分析できるデータベースを提供している。

 大局に目を向けると、今回のIoT部門の新設は、同社が実施している組織再編の一環でしかない。

 Ciscoの最高経営責任者(CEO)Chuck Robbins氏は従業員に宛てた電子メールのなかで、同社の主要成長分野に基づいて、エンジニアリング部門を4つに分割すると発表していた。これらの分野とはネットワーク、クラウド関連のサービスおよびプラットフォーム、セキュリティ、アプリケーションおよびIoTだ。

 Robbins氏によると、エンジニアリング部門を分割することで、迅速な製品開発が可能になるとともに、販売部門やサービス部門、マーケティング部門との連携をより密接にできるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]