編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

The Linux Foundation、社会インフラプラットフォームプロジェクトを立ち上げ

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-06 11:17

 サンディエゴ発--The Linux Foundationは米国時間4月5日、当地で開催中の「Embedded Linux Conference」にて最新のプロジェクト「Civil Infrastructure Platform(CIP)」を発表した。社会インフラと世界規模での経済発展のための基本的サービスを提供するのに必要なオープンソースのフレームワーク構築を目指す。

 ではCIPは具体的にどのようなものか?CIPのプロジェクトにあるFAQによると、CIPのコードの利用が想定されるのは「人間の活動を支援するインフラの監督、制御、管理を行う技術的システム。たとえば、発電、エネルギーの供給、石油とガス、水、汚水、ヘルスケア、通信、運輸、コミュニティ管理などが挙げられる。これらのシステムは基本的なサービスを届け、安心や安全を提供し、ソーシャルなやりとりと経済発展を支援する。社会のライフラインといえる」とのことだ。


提供:The Linux Foundation

 これは非常に大きなビジネスだ。The Linux Foundationのプレスリリースでも紹介されている通り、2014年版のPricewaterhouseCoopers(PwC)のレポートでは世界のインフラの需要は2012年には年間4兆ドルだったが、途上国市場の急速な成長により2025年には9兆ドル規模に達すると予想している。

 CIPはLinuxカーネルやその他のオープンソースプロジェクトと作業し、産業レベルのソフトウェアの「土台レイヤー」を構築する。このレイヤーにより、産業と市民のインフラに安心・安全で信頼性が高く、セキュリティに関する要件も満たすためのソフトウェアビルディングブロックの利用が可能になる。CIPはオープンソースプロジェクトとして産業をまたいで協業的に作業しながら、社会インフラプロジェクトが直面する課題の解決を図るという。

 課題として、コスト、スピード、相互運用性、信頼性、セキュリティと安全性、持続性などを挙げている。また、既存のオープンソースソフトウェアと産業およびインフラの要件の間にギャップがあり、リアルタイムや職務的な安全性の支援への対応、それに長期的な可用性、互換性、セキュリティも課題となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]