電話番号さえあれば傍受が可能--新しいセキュリティ不具合が明らかに

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年04月19日 10時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話の電話番号さえあれば、ハッカーはあなたの通話を盗聴し、テキストメッセージを読み、位置を追跡できる――。米ZDNetの姉妹報道機関であるCBS Newsが2年の制作期間を経て米国時間4月17日に放映したドキュメンタリー「60 Minutes」は、スマートフォン側の保護機能の強化にもかかわらず、膨大な数のスマートフォンユーザーが盗聴や監視をされやすい状況にあることを暴き出した。

 盗聴はSignaling System No. 7(SS7)における不具合を悪用することで可能になる。SS7はあまり知られていないが、電話のネットワーク間の情報を仲介する重要なシステムだ。テキストメッセージを送ったり電話をかけたりするとき、その仲介処理が行われている。

 SS7を標的とすることで、攻撃者は同システムを通過するほぼすべてのものを見ることができるという。

 この脆弱性を発見したのはドイツのセキュリティ研究者Karsten Nohl氏だ。2年以上前に独ハンブルグのハッカー集会で報告した。Nohl氏によると、脆弱性は現在でも存在するという。規制当局の連邦通信委員会(FCC)は当時、脆弱性について調査を開始するとしていた。

 問題は、スマートフォンユーザーができることはほとんどないという点だ。データを暗号化するアプリを利用することぐらいしか対策はない。

 セキュリティ研究者のNicholas Weaver氏はツイートで、「Signal」、「WhatsApp」、Appleの「iMessage」などのアプリは、「土台のネットワークが信用できない」ため、デバイス間でやりとりされるメッセージを暗号化していると述べている。

 暗号化専門家でジョンズ・ホプキンス大学教授のMatthew Green氏は、「セルラー網のセキュリティを信用すべきではない」とツイートした。

 もしハッカーが盗聴の方法を知っているのなら、米国の諜報機関と敵対する他の諜報機関も知っていると思ってよいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算