悩みは優秀な人材の海外流出--ベトナム産業を支える人材養成(2) - (page 2)

古川浩規(インフォクラスター) 2016年05月06日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに、昨今のベトナムの国際貿易の状況と海外からの直接投資の状況から言えば、日本語を勉強するよりも中国語や韓国語を勉強した方が、個人への経済的なメリットは大きいと言えます。日本の経済力は引き続き大きいものの以前ほどの絶対力はなく、月日とともに相対的に弱くなっているといっても過言ではありません。

 それでなくとも、ひらがな・カタカナ・漢字の3言語体系がある日本語は、日本語専攻者がぶつかる壁となっています。そのため、他の言語学習と比較して費用対効果も悪くなってしまいます。

 ところで、最近ではベトナムの日系企業側でも「ITが分からなくとも、日本語が通じれば入社後にすべてを教えることができるため、大学で日本語を専攻した者をITエンジニア候補として大量に採用する」というケースも珍しくなくなってきました。しかし、このことは、優秀な理工系人材がいる国で理工系人材を活用できていないことを意味します。

 日本側の人材需要に対して、ベトナム側の人材供給能力が追い付いていないという問題があることも間違いありませんが、ベトナムでオフショア開発が注目されていた当初は「賃金が比較的低廉」「優秀な理工系人材の存在」の2点が日系企業に重要視されていたように記憶しています。

 これら2つのメリットを享受できないとなると、ベトナムで日系企業がオフショア開発をする意義は、果たして何でしょうか。「市場としてのベトナム」というフレーズも最近多く聞かれますが、実際に進出案件をお手伝いする立場では疑問に思うことも少なくありません。このテーマについては、また別の機会に考察したいと思います。

画像
古川 浩規
インフォクラスター
内閣府及び文部科学省で科学技術行政等に従事したのち、平成20年に株式会社インフォクラスター、平成22年にJapan Computer Software Co. Ltd.(ベトナム・ダナン市)を設立。情報セキュリティコンサルテーション、業務系システム構築、オフショア開発を手掛けるほか、行政書士として日系企業のベトナム進出などの支援業務も行っている。資格等:国立大学法人電気通信大学 客員准教授(研究推進機構 研究推進センター 国際連携推進室)、日本セキュリティ・マネジメント学会正会員、情報セキュリティアドミニストレータ、財団法人 日本・ベトナム文化交流協会 理事など。2016年4月に行政書士事務所を開設。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算