編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

セールスフォース、北米向けインスタンスで障害発生--ベニオフCEOが謝罪ツイート

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-12 12:34

 Salesforceのデータベースに不具合が起き、米国の一部顧客が同社サービスにアクセスできない状況が続いた。

 SalesforceのSystem Statusページによると、不具合が起きたのは、「NA14」インスタンス。米国で提供される45のデータベースインスタンスのうちの1つに起きた問題なので、影響を受けた顧客は全体の一部のはずだが、不具合は協定世界時(UTC)の5月10日13時31分から11日の9時30分まで続き、Twitterに不満を書き込む者も現れた。最高経営責任者(CEO)であるMarc Benioff氏もツイートで謝罪した。

最高経営責任者(CEO)であるMarc Benioff氏もツイートで謝罪
最高経営責任者(CEO)であるMarc Benioff氏がツイートで謝罪した。

 SaaSを提供するSalesforceでは、顧客のシステムをグループ化し、いずれかのインスタンスに割り当てている。インスタンスは、それぞれのグループ向けのデータセンターやデータべースなどで構成される。

 同社によると、問題は「NA14インスタンスのデータベースに不具合があり、同データベース上でデータ完全性が保てなかった」ために起きたという。

 システムは復旧したが、SalesforceはUTCの5月10日9時53分から14時53分までの間に書き込まれたデータは復旧できないことを明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]