編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

IDCF、「IDCFクラウド」をネットワーク自動化--プライベート接続を1分で構築

NO BUDGET

2016-06-03 12:55

 IDCフロンティア(IDCF)は、「IDCFクラウド」の東日本と西日本のリージョン間を安全な閉域網で接続するため、ユニバーサルエッジルータを用いてネットワークを自動化した。ネットワークに不慣れな利用者であっても、ウェブポータル画面から東西リージョン間の閉域網を簡単に接続できる仕組みを構築したという。ジュニパーネットワークスがが6月2日に発表した。

ネットワーク概要
ネットワーク概要(ジュニパーネットワークス提供)

 IDCFは、IDCFクラウドの顧客設備や他社のデータセンター間を安全に接続する「プライベートコネクト」を2012年から提供してきた。プライベートコネクトの新機能として、1000km以上離れた東西リージョン間のクラウドを閉域網で接続するにあたっては、ネットワークの管理が主な課題となった。

 これまで同社は、ジュニパーネットワークスの3Dユニバーサルエッジルータ「MX」シリーズを活用してきた。MPLSによるL3 VPNを用いたデータセンター設備と顧客設備との相互接続サービスや、イーサネットスイッチ「EX」シリーズを活用したL2 VPNも提供する。しかし、これらのVPN接続はハウジングされた機器とのプライベート接続を提供するシンプルなものだった。またこれまでは、対応すべき顧客数、VPN数、管理工数も限られていたため、人手によって運用していたが、クラウドサービスが広まるにつれ、管理負荷が急激に増大していたという。

 IDCFでは今回、これらの課題を解決するため、ジュニパーネットワークスのMXシリーズを採用し、ネットワークOS「JUNOS」を活用、ネットワークに不慣れな利用者でもポータル画面から数ステップの設定で東西リージョン間の接続を可能にする機能を開発した。

 この新機能の構築においては、Netconfを介してMXシリーズの制御を自動化し、他の管理ツールと組み合わせて管理をウェブ化した。これにより、従来はVPN接続の設定に数日かかっていたものが、わずか1分でリージョン間のネットワーク接続ができるようになった。

 こうして、2016年2月にはプライベートコネクトの新機能として「リージョン間接続」の提供開始に至った。このリージョン間接続では、インターネットVPNと比較して通信速度が2~3倍高速で、暗号化も不要な安全で安定した閉域網でクラウドシステムの構築を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]