IDCF、「IDCFクラウド」をネットワーク自動化--プライベート接続を1分で構築

NO BUDGET 2016年06月03日 12時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCフロンティア(IDCF)は、「IDCFクラウド」の東日本と西日本のリージョン間を安全な閉域網で接続するため、ユニバーサルエッジルータを用いてネットワークを自動化した。ネットワークに不慣れな利用者であっても、ウェブポータル画面から東西リージョン間の閉域網を簡単に接続できる仕組みを構築したという。ジュニパーネットワークスがが6月2日に発表した。

ネットワーク概要
ネットワーク概要(ジュニパーネットワークス提供)

 IDCFは、IDCFクラウドの顧客設備や他社のデータセンター間を安全に接続する「プライベートコネクト」を2012年から提供してきた。プライベートコネクトの新機能として、1000km以上離れた東西リージョン間のクラウドを閉域網で接続するにあたっては、ネットワークの管理が主な課題となった。

 これまで同社は、ジュニパーネットワークスの3Dユニバーサルエッジルータ「MX」シリーズを活用してきた。MPLSによるL3 VPNを用いたデータセンター設備と顧客設備との相互接続サービスや、イーサネットスイッチ「EX」シリーズを活用したL2 VPNも提供する。しかし、これらのVPN接続はハウジングされた機器とのプライベート接続を提供するシンプルなものだった。またこれまでは、対応すべき顧客数、VPN数、管理工数も限られていたため、人手によって運用していたが、クラウドサービスが広まるにつれ、管理負荷が急激に増大していたという。

 IDCFでは今回、これらの課題を解決するため、ジュニパーネットワークスのMXシリーズを採用し、ネットワークOS「JUNOS」を活用、ネットワークに不慣れな利用者でもポータル画面から数ステップの設定で東西リージョン間の接続を可能にする機能を開発した。

 この新機能の構築においては、Netconfを介してMXシリーズの制御を自動化し、他の管理ツールと組み合わせて管理をウェブ化した。これにより、従来はVPN接続の設定に数日かかっていたものが、わずか1分でリージョン間のネットワーク接続ができるようになった。

 こうして、2016年2月にはプライベートコネクトの新機能として「リージョン間接続」の提供開始に至った。このリージョン間接続では、インターネットVPNと比較して通信速度が2~3倍高速で、暗号化も不要な安全で安定した閉域網でクラウドシステムの構築を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算