編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Red Hat Summit 2016開幕、マイクロソフトの発表内容は

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-28 10:50

 Microsoftは今週、サンフランシスコで開催中の「Red Hat Summit」で、Red Hatとの提携による新しい成果をいくつか発表する。

 Microsoft幹部陣は「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)で動作する「SQL Server on Linux」のデモを、米国時間6月30日に披露する予定だ。Microsoftは次のSQL Server on Linux製品を2017年中頃までに提供する予定であることを3月に発表している。現行のSQL Server on Linuxのプライベートプレビュー版は「Ubuntu」でのみ動作する。しかし、今後SQL Server on Linux(「SQL Server 2016 on Windows」のサブセット)はRHELを含む複数のLinuxディストリビューションで動作するようになると、Microsoft幹部陣は2016年に入ってから述べていた。

TechRepublic Japan関連記事

 Microsoft関係者は27日、Red HatがRHELで動作する「.NET Core 1.0」のサポートを開始したことも明らかにした。また同日、.NET Core 1.0と「ASP.NET Core 1.0」の一般提供を開始した。

 簡単におさらいしておくと、.NET Core 1.0はかつて「.NET 5」として知られていた技術で、ASP.NET Core 1.0は以前「ASP.NET 5」として知られていた技術だ。Microsoftは2016年に入ってこれら2つの製品を改称し、ライブラリ/ランタイムとツール群を別々に提供に提供するようになった(「Visual Studio 2015 Update 3」も27日にリリースされた。「.NET Core 1.0 RTM」には同ツールが必要だ)。

 27日のRed Hat Summitで、Microsoft関係者は新しい「Azure Resource Manager」テンプレートをGitHubで公開したことも発表した。Microsoftの27日のブログ記事によると、このテンプレートは「Red Hatの『OpenShift on Red Hat Enterprise Linux』を『Microsoft Azure』にデプロイするプロセスを簡素化するため、開発者はOpenShiftを使って、Azureでアプリケーションの開発、ホスト、スケールを迅速に行うことができる」という。

 2015年11月まで、MicrosoftがAzureでサポートするLinuxディストリビューションのリストにRed Hatは含まれていなかった(その時点で、Ubuntuや「CentOS」「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise」「openSUSE」は既にリストに含まれていた)。MicrosoftとRed Hatは、両社間の特許契約をともなう提携を11月4日に発表した。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]