NRI、AI型対話システム「TRAINA」提供--対話シナリオを自動で生成

NO BUDGET 2016年07月01日 13時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)は6月30日、コールセンターを含む窓口業務に活用できる人工知能(AI)型対話システム「TRAINA」を発表した。7月から提供する。

 TRAINAは、問い合わせの内容を的確に理解し、過去に得た知識をもとに回答候補を提示したり、自動で回答したりできるという。これまでのAIによる対話型システムでは、対話を成立させるための膨大かつ複雑なシナリオを準備する必要があった。TRAINAの場合、対話シナリオを自動で生成でき、導入期間やコストを削減できるという。

TRAINAの利用イメージ(NRI提供)
TRAINAの利用イメージ(NRI提供)

 TRAINAは、テキストマイニングやセマンティック、全文検索など、NRIが長年培ってきた自然言語処理技術を使ったテキスト解析ソリューション群「TRUE TELLER」にAIを使った対話技術を取り入れて開発した。

 これまでの対話型システムでは、利用者とのやりとりが原則として一問一答型となっており、質問が曖昧な場合には、システムが的確に回答できない場合も多かった。

 TRAINAでは、利用者からの曖昧な質問をシステム側で解釈し、利用者の目的や意図を絞り込むための新たな質問を投げかけるといった自然な対話を繰り返すことで、利用者のニーズに的確に合致した回答を提供する。この追加質問や回答は、既存システムで蓄積した膨大なナレッジから導かれているという。

 オペレーターがTRAINAを利用することで窓口業務をより高度化できると説明。PCやスマートフォンを通じた利用者からの質問に対して、TRAINAが自動回答することで窓口業務を効率化できるとしている。

TechRepublic Japan関連記事

 従来の対話型システムでは、利用者の質問を想定しながら、応答に必要な対話シナリオを手作業で細かく作り込む必要があった。対するTRAINAではマニュアルやFAQなどを統合、最適化し、応対に必要なシナリオ(知識コンテンツ)を自動的に作成できる。

 また、利用者との対話記録が蓄積していくにつれて、自動学習で対話と応答の精度を向上させられる。対話シナリオのベースとなるマニュアルやFAQを分析、評価し、内容の修正や不足個所を特定して、対話シナリオのブラッシュアップを促す仕組みも備える。こうした機能からAIの導入や拡張に要する期間とコストを大幅に削減できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算