編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ヴイエムウェア、エンタープライズモビリティ管理の「AirWatch」でスマートグラスをサポート

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-05 15:47

 VMwareは米国時間10月4日、自社エンタープライズモビリティ管理プラットフォーム「AirWatch」で、企業向けのスマートグラスをサポートすることを発表した。企業はAndroid上で動くAR(拡張現実)や複合現実デバイスにオンボーディング、ネットワーク設定、アプリ実装ツールを適用できるという。

 VMwareは、APX Labs、Atheer、Intel、ODG、VUZIXなどのスマートグラスメーカーと提携する。これにより、これらメーカーのデバイスをVMware AirWatchを実装したデバイスとともに管理できる。

 VMwareはまた、統合エンドポイント管理(UEM)とエンタープライズBYODセキュリティ製品もアップデートした。

 UEM製品「AirWatch Unified Endpoint Management」では、より信頼性の高い、高速なセキュリティパッチ、OSアップデート、ソフトウェアインストールが可能になるという。同社のプラットフォームはWindowsベースとAndroidベースのIoTデバイスをサポートし、「Windows 10」を含む端末上のオペレーションも合理化できるとしている。VMwareによると、UEMプラットフォームはデスクトップとモバイル管理を単一のプラットフォームに合わせる初の包括的な製品になるという。

 BYODセキュリティ「Workspace ONE」の最新アップデートでは、従業員向けのマルチデバイスBYODのサポートが拡大した。これは継続的認証ポリシー、パスワードフォーム入力機能、コンプライアンスベースの条件付きアクセスなどを含む最新の認証ポリシーやアプリ全体のリアルタイムセキュリティ機能などにより実現している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]