編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Microsoft Ventures、4カ月あまりで13社に投資

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-05 13:23

 Microsoftは4カ月あまり前に新たなベンチャー支援事業Microsoft Venturesを立ち上げた。同社によると、米国時間10月4日現在の時点で13社に投資しているという。

 Microsoftは、投資ラウンドがシリーズAからシリーズDの段階にある新興企業に投資しているものの、投資額についてはいずれの側からも公表されていない。しかし同社は、Microsoft Venturesの投資先10社を挙げたページを新たに公開した。

紹介されている企業は以下の通り。

  • Aqua(2016年9月): コンテナアプリケーションセキュリティベンダー
  • Kahoot (2016年9月): ソーシャルラーニングプラットフォームベンダー
  • CognitiveScale (2016年8月): マシンインテリジェンスソフトウェアベンダー
  • Layer (2016年7月): ウェブとモバイルアプリ向けのMessaging Stack as a Serviceベンダー
  • CrowdFlower (2016年6月): データマイニング/クラウドソーシング企業
  • Helpshift (2016年6月): モバイル向けのアプリ内カスタマーサポートプラットフォーム
  • Outreach (2016年6月): 営業向けエンタープライズコミュニケーションプラットフォーム
  • Rescale (2016年6月): シミュレーションソフトウェア/ハイパフォーマンスコンピューティングソリューションのクラウドプラットフォームプロバイダー
  • Comfy (2016年6月): スマートビルソフトウェアベンダー
  • Team8 (2016年6月): サイバーセキュリティベンダー

 Microsoft Venturesはこれらの企業のほかに、未発表の3社に投資しているという。同ページで挙げられている企業のうちの数社については、シアトルで開催された「GeekWire Summit 2016」で4日、初めて公表された。

 Microsoftは5月に、クラウドやビッグデータ、アナリティクス、生産性、セキュリティ、機械学習といった市場の新興企業を対象とする、小規模な初期投資グループを立ち上げる計画を発表していた。

 この新しいグループは、Developer Evangelismチーム内のグループが使っていた「Microsoft Ventures」という名称を受け継いでいる。このためDeveloper Evangelismチームの旧Microsoft Venturesグループは「Microsoft Accelerator」へと改称されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]