編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、マーケティングデータ管理プラットフォームのKrux Digitalを買収へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-10-05 13:26

 Salesforce.comが、マーケティングデータ管理プラットフォームを手がけるソフトウェア企業Krux Digitalを買収することが明らかになった。これにより、KruxはSalesforceの「Salesforce Einstein」への情報のフィードや、「Marketing Cloud」のオーディエンスセグメント化能力やターゲティング能力の拡大で貢献していくことになる。この買収は米国時間10月3日、Kruxによって発表された。

 サンフランシスコに拠点を置く創立6年目の新興企業であるKruxは、重要なオーディエンスの獲得に人工知能(AI)技術を用いることでマーケターを支援している。

 The Wall Street Journal(WSJ)によると、Kruxの買収総額は7億ドルであり、Salesforceはそのおよそ半分を現金で、残りを株式で支払うという。

 KruxはSalesforceとの製品統合で以前から緊密に連携してきている。Kruxの最高経営責任者(CEO)Tom Chavez氏は同社のブログへの投稿で、「KruxはSalesforceのMarketing Cloudのオーディエンスセグメント化能力やターゲティング能力を拡大し、顧客がより精度の高いマーケティングを大規模に展開できるよう支援していく。また、Einsteinに膨大な数の新たなシグナルをフィードすることで、企業が顧客に対する知識を深められるようにする」と述べている。

 SalesforceのAIプラットフォームであるEinsteinによって、同社のクラウド全体に人工知能の息吹が吹き込まれることになる。同プラットフォームは、Salesforceがここ数年で買収してきた複数のAI関連企業の技術に基づいている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]