編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

セールスフォースのAIプラットフォーム「Einstein」で知っておくべきこと

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-20 12:17

 Salesforce.comが米国時間10月4日から開催する「Dreamforce 2016」では、同社の人工知能(AI)プラットフォーム「Einstein」が話題の中心になりそうだ。同社の幹部らはここ数週間、Einsteinの詳細を少しずつ明らかにしてきている。

 皮切りは、同社の決算発表時に実施された電話会議における、最高経営責任者(CEO)Marc Benioff氏による概要説明だった。その後、Einsteinを直接統括するチームが目玉となる機能のデモを見せるとともに、同プラットフォームをどのような分野(リードスコアリングや販売の予測分析を思い浮かべてほしい)から適用していけるのかを説明してきた。

 本記事では、米国時間9月19日に発表されたEinsteinについて、知っておくべきことを紹介する。

Salesforceは、同社のクラウド全体に人工知能の息吹を吹き込もうとしている。Einstein担当のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのJohn Ball氏は、同社が独立したAI製品を提供することはないとし、「これはすべてのクラウドを通じてAI機能を提供する、顧客関係管理(CRM)向けのAIだ」と述べるとともに「CRMというコンテキストにAIが内包されている」と述べている。

Einstein

 業務ユーザーも開発者と同程度にAIを使用することになる。Salesforceが開発者に向けて、予測型分析サービスのほか、各種の予測やセンチメント分析、モデル化のカスタマイズでアピールしているのはもちろんだ。そしてSalesforceはEinsteinと、同社の開発プラットフォームである「Heroku」を連携させようとしている。しかし、Einsteinでは業務ユーザーも大きな恩恵を被ることができる。Ball氏のデモでは、業務ユーザーがどのようにしてプロセスのモデル化を行い、AIを組み込めるのかが強調されていた。同氏は、「世の中には、モデルを構築できるデータサイエンティストの数が不足している。モデルはプラットフォーム内に組み込まれていなければならない」と述べている。

Einstein

 ここでの売りは、EinsteinとAIがデータサイエンティストの人材不足を補い、企業が独自には開発できなかったツールを提供することだ。 Ball氏は「AIは大多数の企業にとって、あまりにも敷居が高い」と述べている。

Einstein
Einstein

Einsteinは買収によって獲得した技術に基づいている。Salesforceはここ数年でAI関連企業を9社買収し、データサイエンティストと専門家からなる175名のチームを築いている。

AIは目に見えてはいけない。Ball氏はAIが舞台裏で活躍するべきものだと述べている。Facebookの画像認識や、Amazonの機械学習や「Alexa」(「Amazon Echo」)、そしてGoogleのツールはすべて、AIが舞台裏で動作するものとなっている。Salesforceはビジネスの分野で同じことを行おうと考えているのだ。

Einstein

データの取得元は?Salesforceは、同社の顧客ベースと、企業とのやり取りに基づく大量のデータを保有している。これらのデータから、顧客が目的に応じてあつらえられる優れたメタデータの基盤が得られる。Ball氏によると、こういったデータは自動的にモデル化されるものの、共有されることはないという。Einsteinのシステムは、ローカル側で決定したデータ定義に準拠して動作し、Salesforce側では情報の共有に際して許可が必要となる。

Salesforceのスタック内におけるEinsteinの位置付け

Einsteinの価格は?Ball氏は、Einsteinがコアプラットフォームの一部になり、既存のサービスとライセンスに一部の機能とツールを組み込んだかたちで提供されると述べている。また、Einsteinのその他の機能については別途追加費用が発生する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]