編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Oracle OpenWorld開幕--多くのSaaS、PaaSサービスを発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-20 11:35

 クラウドへの移行を進めるOracleは、Oracle OpenWorldカンファレンスで多くのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)やPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)を新たに発表した。

 Oracleはクラウドインフラ事業をかなりの勢いで強化しているが、その目標は壮大だ。同社は今会計年度のSaaSとPaaSの年間売上を、20億ドル以上まで伸ばすことを計画している。

 Oracle Cloud担当シニアバイスプレジデントのSteve Daheb氏は、「われわれは、クラウドへの取り組みでよく考えられたアプローチを取りたいと考えている。クラウドは簡単であるべきだ、というのがわが社のビジョンだ」とZDNetに対して語った。

 Oracleのクラウドを簡単にするという取り組みは、スタックの最上層から始まっており、同社は複数の「インテリジェント」なクラウドアプリケーションを導入した。BlueKai買収が新しいサービスのルーツだ、とDaheb氏は述べている。

 これらのアプリケーションは、同社が持つ50億以上の消費者や企業の情報を利用している。これらのアプリケーションは、組織のユーザーやその行動に関する情報を取り込み、最先端のデータサイエンスを適用することで、個々の顧客や従業員に合わせた情報を提供することができる。

 OracleはこのたびのOracle OpenWorldでほかにも、営業、マーケティング、財務、人事などを始めとする幅広い領域をカバーする、いくつものクラウドアプリケーションを発表している。

 それに加え、同社は正式に「Oracle Database 12c Release 2」をはじめとする新たなPaaSサービスをリリースする。Oracleがデータベース製品のクラウド版を最初に提供するのは初めてのことだ。

 一方で、Oracleデータベースの実行に特化したコンピューティングとストレージを提供するシステムである「Exadata」をベースとした新たな製品も発表した。この「Exadata Express Cloud Service」は、従来のサービスをスケールダウンしたもので、月額175ドルから利用できる。Oracleはこの製品で中小企業をターゲットとしており、Daheb氏は「クラウドは規模による格差をなくすものだ」と述べている。

 同社はほかにも、「Container Cloud Service」「Oracle Identity Cloud Service」「Oracle Internet of Things Cloud Service」「Big Data Cloud Services」「Oracle Analytics Cloud Services」などを始めとする19もの新しいクラウドサービスを発表した。

 最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏は、Cotainer Cloud ServiceやOracle Identitiy Cloud Serviceなどが提供するセキュリティは、「オンプレミスデータセンターからクラウドデータセンターに移行する際のもっとも大きな課題かも知れない」と基調講演で述べている。

 また、Oracleはビッグデータ関連のサービスも大幅に拡充している。例えば「Oracle Big Data Cloud Services」には、Apache Hadoop、Apache Spark、Apache Kafkaのほか、NoSQLのサポートが追加される。

 「Oracle Analytics Cloud」は、任意のデバイスから、クラウド、オンプレミス、あるいはその両方のあらゆるデータを利用できるサービスだが、Analytics Cloudの新製品である「Oracle Essbase Cloud Service」は、スプレッドシートを用いた業務プロセスを、短時間で合理化されたコラボレーション作業モデルに変える。また、「Oracle Data Visualization Cloud Service」にも、データを解釈して自動的に知見を得ることができる機能が追加された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]