情報セキュリティ産業の売上高、2020年には1000億ドルに

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年10月17日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCによれば、企業がサイバー攻撃に対抗するための経費は今後増え続け、情報セキュリティ産業の売上高(ハードウェア、ソフトウェア、サービスの各部門を含む)は、2020年に1000億ドルに達するという。

 IDCは、世界全体でのセキュリティ産業の売上高が、2016年の737億ドルから、2020年には1016億ドルにまで増加すると予想している。これは、年平均成長率(CAGR)に換算すると8.3%に相当する。

 この数字は、今後5年間のIT経費の成長予測の倍以上にあたる。

 不思議なのは、これだけ大きな数字を聞いても、サイバー空間が安全になるとは感じられないことだ。実際、データ漏洩はほとんど毎日のように起こっている。いずれにせよ、テクノロジを購入している企業がインフラの保護を怠ったという批判を避けたがっていることを考えれば、セキュリティ産業の未来は明るいと言っていいだろう。

 IDCのアナリストSean Pike氏は、企業はサイバー攻撃の被害者になることを恐れており、経営陣はセキュリティ予算を賢く使うよう求めている。実際、Tech Pro ResearchがIT予算を担当する企業幹部を対象に実施した調査では、今後1年間で優先すべき項目の2番目にネットワークセキュリティが挙げられており、今後IT部門が直面する課題について尋ねた質問では、ネットワークとデータの安全性確保という回答がもっとも多かった。

 驚くには当たらないが、2016年にセキュリティにもっとも投資しているのは銀行業界で(投資額86億ドル)、ディスクリート型製造業、行政、プロセス型製造業がこれに続く。これらの業界の支出は、世界の年間セキュリティ経費の37%を占めている。また今後5年間でセキュリティ経費がもっとも増加する分野は医療業界で、年平均成長率(CAGR)は10.3%と推計されている。

 提供モデル別では、サービスへの支出が全セキュリティ支出の45%を占めると予想されている。この支出のほとんどは、マネージドセキュリティサービスだ。2番目はソフトウェアで、それにハードウェアが続く。セキュリティアナリティクスソフトウェア市場の年平均成長率(CAGR)は12.2%になるという。

 2016年の世界最大のセキュリティ市場は米国で、これに西ヨーロッパ地域とアジア太平洋地域が続いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化