Slack、デイリーアクティブユーザーが400万人を突破

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-21 12:13

 Slackは米国時間10月20日、同社が最近到達した一連のマイルストーンを発表した。それには、10月にデイリーアクティブユーザー数が400万に達したことも含まれる。その半数近くは、米国外のユーザーだ。

 ウィークリーアクティブユーザー数も580万に達した。有料プランを利用するユーザーは125万以上、チームは3万3000以上となっている。Slackのチームがインストールしたアプリ本数も600万本を突破した。


 「Slackプラットフォームの勢いが持続していることは、当社がビジネスソフトウェアのエコシステムで果たす役割が拡大していることを示す重要な兆候だ。われわれが『Slackは仕事が行われる場所』と言うとき、それはメッセージをやりとりする人々だけでなく、世界中にいる膨大な数のビジネス顧客のために仕事の歯車を回す、統合されたワークフローやビジネスプロセス、データストリーム、アプリケーションも意味している」(Slackのブログ)

 Slackは今も堅実な成長を享受しているものの、いくつかの大手企業が同社からシェアを奪おうとしている。Facebookは独自の企業向けコラボレーションサービス「Workplace」をリリースした。Microsoftは「Skype Teams」のベータ版を11月に提供するとみられている。その一方で、電子メールが廃れる気配は一向にない。Slackはサードパーティーとの統合(同社が先頃発表したSalesforceとの提携は、大きな勝利だった)、「Sign in With Slack」などの機能を通して、競争力を維持しようと努めている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]