編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

MS、SMB向け新アプリ群を「Office 365 Business Premium」に追加予定か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-24 10:11

 Microsoftは中小企業向けと考えられる新しいアプリ群を「Office 365 Business Premium」サブスクリプションに追加する準備を進めているようだ。

 筆者が「MSPowerUser.com」で確認したOffice向けビジネスアプリのページでは、「MileIQ」や「Bookings」「Invoice」「Spend」「Point」「Presence」など、多数のアプリが紹介されている。それらのアプリは既存の「Office」アプリスイートに追加されると考えられる。さらに、モバイルファーストでクロスプラットフォームであるようだ。

 走行距離トラッカーアプリのMileIQや自動スケジュール管理アプリのBookingsなど、一部のアプリはOffice 365 Business Premiumに既に追加済み、または今追加されようとしているところだ。Microsoftは、Bookingsがビジネスユーザーの「Facebookページ」と直接統合できるようになることを先週発表した。またMicrosoftはMileIQアプリの開発元であるMobile Data Labsを2015年11月に買収している。

 経費追跡アプリのSpendやウェブプレゼンス追跡アプリのPresenceなど、アプリのページに掲載されているうちの一部は、まだ正式には発表されていないようで、「近日公開予定」と記載されている。

 Spendアプリは、「Microsoft Garage」インキュベータープロジェクトで「Phoenix」として知られていたものと何か関係があるのだろうか。Microsoftは2015年、「Phoenix」経費報告アプリの「iOS」版をテストしていたが、このアプリに関する情報はGarageのページから削除されたようだ。Pointは、満足度の高い顧客からの口コミを利用するためのアプリだ。これも、「Home Team」というGarageインキュベーターのアプリと関連があるのだろうか。

 これらの新しいビジネスアプリ群が掲載されているページでは、「パーソナルビジネスアシスタント」も近日公開予定と記載されているようだ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]