フィンエアー、従業員向け「iOS」アプリを導入へ--IBMの「MobileFirst for iOS」利用

Steve Ranger (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-30 12:23

 Finnairは複数の「iOS」アプリを自社スタッフ向けに展開する計画だ。メンテナンススタッフ及びその管理者を支援するプログラムからスタートする。


提供:IBM

 最初のアプリは「Inspect & Turn」及び「Assign Tech」だ。Inspect & Turnは航空整備士にデジタルの「タスクカード」とドキュメンテーションを提供してアナリティクスに基づくアドバイスを提示し、割り当てられた作業を完了できるようにする。Assign Techは、航空機整備が管理者にフライトスケジュール、メンテナンスプロセス、整備スタッフの空き時間などを全体的に把握できるようにするものだ。各整備担当のスキルを考慮した最善のシフト割り当てを推奨してくれるという。これらのアプリは、IBMが航空業界向けに用意するiOSアプリ向けスイートの一部で、Finnair固有のプロセスに合わせて修正を加えている。

 Finnairの最高デジタル責任者であるKatri Harra-Salonen氏は米ZDNetに対し、「われわれの内部プロセスが顧客体験にますます影響を与えていると見ている。社内のさまざまな部署で働いている従業員向けに、最新のツールを提供したい」と述べた。

 Finnairは「Mobile at Scale for iOS」というIBMの新しいアプリデザインおよび開発モデルを導入する初めての企業となる。この統合されたアプローチによって、iOSアプリのライフサイクル全般にわたって速度、効率、品質を向上できるとしている。アプリはIBM Cloudで管理、およびホスティングされる。

 第一弾のアプリはまず300~350人のスタッフに向けて順次提供され、今後提供するアプリではその数を増やすとHarra-Salonen氏は述べた。最終的に展開するアプリの数はまだ決定していないが、クルー、パイロットなどさまざまな業務を視野に入れているという。

 Finnairは2015年9月、IBMと5年半のデジタルサービス契約を締結している。


提供:IBM

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]