BI基盤「Yellowfin」新版、データ準備モジュール搭載--作業時間を短縮

NO BUDGET 2016年12月02日 15時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yellowfin Japanは12月1日、ビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォーム製品の新版「Yellowfin 7.3」を発表した。仮想化されたデータ準備モジュールを搭載している。業界で初めてという。

 データ準備は、データを検証、分析し、レポート作成に適した一貫性のある書式に変換するためのプロセス。これまでのデータ準備と分析作業は、それぞれ別のソフトウェアで実行され、二重にデータを準備する必要がある。

 Yellowfin 7.3では、1つのプラットフォームから直接データソースに接続し、データを準備、分析できようになる。データ準備モジュールの1つであるデータプロファイリング機能で目的の分析タイプにあわせて、一度にデータセット全体や選択した行、列を簡単にプロファイリングできるという。

 このため、複数のアプリケーションを別々に活用することなく、必要なデータを準備でき、分析作業を短縮できる。ある環境から別の環境へのデータを移行することがなくなるので、データと分析コンテンツのガバナンス、セキュリティ、一貫性を維持することにもつながる。

 新版では、プロファイルされたデータの数と分布はビジュアル化され、各列に含まれる最小、最大、中間値、平均、Null値、外れ値などの統計も提供される。レポート作成のためのデータ準備プロセスは、1つのプラットフォームへ統合され、メタデータモデリング機能でデータに基づいた推奨アクションが提案される。

 データ準備モジュールのほかに、SET分析やより自由度の高いコンテンツ作成キャンバスなどを強化した。SET分析機能では、高度な技術やサブクエリを利用することなく、簡単かつ迅速に比較分析できる。強化されたコンテンツ作成キャンバスは、簡単にコンテンツ作成や書式適用ができるようになり、目的にマッチしたインフォグラフィックをドラッグ&ドロップで作成できるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算