編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ネットギアの一部ルータ製品に深刻な脆弱性

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-13 10:55

 カーネギーメロン大学内に設置されているコンピュータ緊急事態対策チーム(CERT)は米国時間12月9日、NETGEARの一部のルータ製品に深刻な脆弱性が存在しているとするセキュリティアドバイザリを発表した。

 同アドバイザリによるとNETGEARの「R7000」と「R6400」はいずれも、任意のコマンドを実行できる脆弱性を抱えているという。ファームウェアのバージョンは、R7000が1.0.7.2_1.1.93、R6400は1.0.1.12_1.0.11だが、それ以前のバージョンも脆弱性を抱えている可能性があるという。

 この脆弱性が悪用された場合、管理者権限でコマンドの実行が遠隔地から行えるようになる。同脆弱性を利用するコードは、実質的には単なるURLでしかなく、既に広く公開されているため、誰でも攻撃を実施できる状況になっている。攻撃を行うにあたっては、特定のコードを仕込んだウェブサイトにユーザーを誘導する必要がある。

 CERTは、NETGEARがパッチをリリースするまで、該当デバイスの「使用停止を真剣に検討する」ようユーザーにアドバイスしている。

 また同アドバイザリには、その他のルータ製品にも脆弱性がある可能性も記されている。一方NETGEARは11日になって、「R8000」も含む3製品に影響があるというセキュリティアドバイザリを発表した。米ZDNetがNETGEARの広報担当者にあてた複数の照会の回答はまだ得られていない。

 ルータの脆弱性は、大規模なDDoS攻撃を展開しようとする攻撃者によって、ますます悪用されるようになってきている。


提供:Netgear

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]