米国の大規模インターネット障害から学ぶべき教訓

Zack Whittaker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年10月26日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すべてが普段の状態に戻ろうとしていた矢先に、Dynは2回目の大規模サイバー攻撃を受け、数十もの有名なウェブサイトへのアクセスが再び遮断された。

 米国時間9月21日早朝、Dynが管理していたドメイン名サービス(DNS)が大量のウェブトラフィックが送りつけられる攻撃(フラッディング攻撃)を受け、米国東海岸の多くの地域で、Twitter、Reddit、Spotifyなどを始めとする多くのサイトに接続できなくなった。

 近年のセキュリティの脅威は、範囲の面でも深刻度の面でも拡大している。適切な情報セキュリティ対策が施されていないと、莫大な被害を受ける可能性がある。

 今のところ、詳細は謎に包まれている。

 いずれかの国家が支援するグループによる攻撃だと主張する者もいる。米ZDNetの姉妹サイトCBS Newsは、米国家安全保障省はこの攻撃について、「可能性のあるあらゆる原因について調査中」だと報じている。またこの数週間で、マルウェア「Mirai」に数百万のスマートホームデバイスやネットワークに接続されたデバイスが感染したことで、ボットネットの活動が再び活発になっている状況との関連を指摘する専門家もいる。

 実際に何が起こったかが判明するまでには数日、あるいは数週間かかるかもしれない。

 認めるべきは、これはおそらく、起こってはならない問題だったということだ。少なくとも今回の事件には、インターネットのDNSシステムが持つ脆弱性や、外部のDNSサービスプロバイダを利用しているウェブサイトやテクノロジ企業にフェイルセーフシステムやバックアップ手段が欠如しているという問題に関して、学ぶべき教訓が数多くある。

 Intel Securityの最高技術責任者Steve Grobman氏は、「この問題は、DNSであれ、その他のさまざまなマネージドクラウドサービスプロバイダであれ、マルチテナント型のサービスプロバイダに依存することで直面するリスクの1つを教えてくれている」と述べている。

 Grobman氏は、今回の攻撃が成功した以上、もう一度同じことが起きる可能性があると警告した。

 同氏は「ネットワークにつながった社会が、クラウドサービスプロバイダに依存せざるを得ないことを考えれば、このような障害は今後増えると予想すべきだ。われわれは、バックアップやフェイルオーバーの機能を持ち、今回のような攻撃にも耐えてサービスを維持できるサービスプロバイダを評価すべきだ」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算