編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

サイボウズ、「デヂエ」に存在した複数の脆弱性を修正

NO BUDGET

2016-12-14 08:26

 サイボウズは12月9日、同社の「サイボウズ デヂエ」のメンテナンスリリースとして、権限およびアクセス制御に関する複数の脆弱性を修正した「同8.1.2」をリリースした。今回修正された脆弱性は、8.0.2、8.0.3、8.0.4、8.0.5、8.0.6、8.0.7、8.1.0、8.1.1の各バージョンで確認されており、同社ではアップデートを検討するよう促している。

 本脆弱性については、JPCERTコーディネーションセンターと独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が共同で運営している脆弱性対策情報ポータルサイトJVNにおいても、「JVN#16781735」として12月12日付で情報が掲載されている。それによると、共通脆弱性評価システムCVSS v3評価基準でスコア6.5および5.3(いずれも深刻度としては「警告」レベルに相当)となる2つの脆弱性が存在していたとのこと。

 修正された脆弱性は以下の2点。

DBMファイルの取得に関するアクセス制限不備(CVE-2016-7832

  • 任意のDBMファイル(デヂエ独自のファイル形式)を取得される
  • CVSS v3基本値:5.3
  • CVSS v2基本値:5.0

DBMファイルの削除に関するアクセス制限不備(CVE-2016-7833

  • 任意のDBMファイルを削除される
  • CVSS v3基本値:6.5
  • CVSS v2基本値:6.4

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]