編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オラクル、定例パッチを公開--270件の脆弱性に対処

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-01-19 12:07

 Oracleが四半期に1度のパッチをリリースした。複数の製品に対して270件の脆弱性を修正している。

 今回のパッチリリースの対象となる製品ファミリは「Oracle Database Server」「Oracle Enterprise Manager Grid Control」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Java SE」「Oracle MySQL」などとなる。

 これまでのアップデートと同様に、「標的となった顧客が提供済みのOracleパッチを適用していないために、攻撃に成功している事例が報告されている」として、Oracleは「早急に」パッチを適用するよう推奨している。

 クラウドセキュリティ企業のQualysは、このアップデートにより修正される100件以上の脆弱性の中には、認証なしに遠隔から攻撃者が悪用して攻撃できるものがあるとしている。

 今回のアップデートには、Oracleの銀行業界向け製品「FLEXCUBE」向けの修正が複数あるほか、Oracle Applications、Fusion Middleware、MySQL、Javaの修正も多数含まれている。

 Javaの17件中16件の脆弱性は、ユーザーがログインすることなく遠隔から攻撃可能となっている。MySQLでも、27件のうち5件は遠隔からの攻撃を可能にするものだ。

 Qualysの分析では、よく使われているデータベースのうち過去5年間で共通脆弱性識別子(CVE)の件数が最も多かったのは、MySQLだという。2015~2016年の間にその数が30%増えたとしている。

 Oracleの小売り向けアプリケーションのパッチ8件のうち1件はPOSシステムのMICROSに影響するものだった。「MICROS Lucas」システムで発見された脆弱性は、認証なしに遠隔から悪用できるものとなっている。「Oracle Retail Order Broker」の脆弱性のうち1件も遠隔から悪用可能とされている。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]