編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップル、「iOS 10.2.1」をリリース--バグを修正

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-01-24 06:40

 Appleは米国時間1月23日、「iPhone」「iPad」「iPod touch」を対象に「iOS 10.2.1」をリリースした。バグが修正などが中心となっている。

 iOS 10.2.1は、iOS 10.2以来のアップデートとなる。iOS 10.2では、一部のユーザーに発生していたiPhoneが突然シャットダウンする問題をAppleが調査するための診断機能も追加されたとみられていた。

 アップデートは、iOS 10を搭載するすべてのiOS端末(iPhone 5以降のiPhone、第4世代以降のiPad、第6世代以降のiPod touch)を対象に、OTAでダウンロード可能だ(「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」)。

 これに加えて、「tvOS 10.1.1」と「macOS 10.2.13」もリリースされた。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]