編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Chrome」がWebVRを正式サポート

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-02-10 12:05

 最新バージョンの「Chrome」ブラウザには、「WebVR」技術が搭載されている。プログラマーはこの技術を利用して、CGによる3Dの仮想現実(VR)世界を描いたウェブサイトを開設できる。VRに興味のある人なら、Googleの「Daydream View」やFacebookの「Oculus Rift」のようなVRヘッドセットで得られる体験をWebVRが広げてくれる可能性を正しく認識できるだろう。

 それは、WebVRを利用すれば、少なくとも原理的には、開発者がデバイスごとに異なるバージョンを作らなくても、さまざまなVRヘッドセットで同一のVR体験をもっと簡単に提供できるようになるからだ。WebVRは、1つのウェブサイトでノートPCや「Android」搭載端末、「iPad」に対応できる仕組みを拡張する。

 WebVRのおかげで「お気に入りのウェブページにアクセスするのと同じくらい簡単に、米大統領専用機『エアフォースワン』に搭乗できる」と、GoogleのChromeチームの製品マネージャーであるMegan Lindsay氏は、ブログで述べている。

 見るべきものがないとWebVRはおもしろくないので、GoogleがWebVR向けに推奨しているサイトを、以下にいくつか紹介する。「自然」をテーマとしたインタラクティブなドキュメンタリー「Bear 71」、有名人の自宅などを30万件以上集めたライブラリ「Matterport」、VR映画のコレクション「Within」、インタラクティブなVR世界のコレクション「WebVR Lab」、VRのシーンを集めた「Sketchfab」などだ。

 Googleは、「Firefox」の開発元であるMozilla FoundationやFacebookのOculusチームなどのパートナーとWebVRを共同開発した。だが、まだ初期の段階だ

 これまでのところ、Mozillaは、ウェブプログラマーや探究心旺盛な人を対象とした「Nightly」ビルドとデベロッパー版のFirefoxでのみWebVRを提供している。だが、2017年夏には、メインストリーム版のFirefoxにWebVRを搭載し、Oculus Riftや「HTC Vive」に対応する計画だ。

 Chromeは、GoogleのDaydream Viewをサポートしている。Daydream Viewは、「Gear VR」と同様に、スマートフォンを利用して頭の動きを追跡し、左右の目に画像を表示する。一方、WebVRとChromeが、Daydream Viewの姉妹品である「Google Cardboard」と連携するのは、数カ月先となる見込みだ。


提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]