ストレージI/Oを2ケタ向上--JAグループの科学飼料研究所がサーバSANを採用

NO BUDGET 2017年03月17日 13時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JA全農グループの科学飼料研究所は、データコア・ソフトウェア(以下、データコア)のサーバSAN製品「SANsymphony」を導入し、仮想化環境の統合やストレージI/Oの大幅な改善を図った。データコアが3月14日に発表した。

 科学飼料研究所は、飼料・動物医薬品などの製造・販売を手がける。旧システムで業務系と情報系のシステムの仮想化環境を個別に構成していたが、SQL Serverが1日に数十回もタイムアウトするなど、レスポンスの極度な低下に直面した。原因は事業拡大に伴う業務システムの負荷の増大で、状況を改善しようにも専用ストレージの増設コストが問題になった。また、業務系と情報系に分かれた仮想化環境の運用管理も煩雑になっていた。

 そこでサーバ内蔵ストレージだけで構成するサーバSANに注目し、SANsymphonyを採用。同製品はデータコアの「パラレルI/O」機能を搭載しており、今回のシステム刷新の目的である高速化にも対応できると判断した。

 この機能は、データのI/Oを複数のCPUコアで並列に処理する。例えば、データ書き込み時に、データがメインメモリに置かれた段階で書き込み完了を返し、ストレージにデータが書き込まれるのを待つ必要がなく、処理時間を短縮できる。データ読み込み時には、独自のキャッシュアルゴリズムがデータを予測し、あらかじめストレージからメインメモリにデータを呼び出しておくことで、I/Oを高速化している。

 新システムでは、業務系と情報系の仮想化環境を統合し、運用管理の手間を大幅に軽減した。3台の物理サーバの上で約30台の仮想マシンを稼働させている。

 また、日次バッチ処理が1時間から20分に短縮され、データベースのタイムアウトも解消された。単一の仮想マシンからみた際のストレージ単体のI/O性能は、10万IOPS超になり、1500~5000IOPSだった旧システムに比べてと2ケタ向上した。SANsymphonyが搭載された2台のサーバの性能は、最大120万IOPSにもなる。旧システムではディスクの増設に数十万円を要したが、現在では約10分の1に減少した。

 同研究所では、今後構築する災害復旧用サイトにもSANsymphonyの導入を検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算