編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

データコア、Windows向けI/O処理高速化ツール「UpTempo」を出荷

CNET Japan Staff

2006-11-18 02:34

 データコア・ソフトウェアは11月16日、Windows OS向けのI/O処理高速ツール「UpTempo Version 1.1」の出荷を開始したと発表した。価格は、Windowsサーバ用が11万2000円から、クライアントPC用が10ライセンスで15万9000円から。

 UpTempoは、WindowsのファイルシステムでブロックキャッシュとI/Oのスケジュールを行い、Windowsシステム上のメモリをブロックキャッシュに割り当てることで、I/Oの高速化を実現するツール。

 CPUやメモリのパフォーマンスやディスクの容量は、この数年の間で飛躍的に向上している。しかし、ディスクのパフォーマンスについては劇的な変化がなく、パフォーマンスのギャップは拡大している。

 そのため、多くのWindowsアプリケーションやシステムでI/Oのボトルネックが発生し、より高いI/Oパフォーマンスが必要とされている。現在のWindowsシステムでは、ディスクパフォーマンスやI/O処理のボトルネックを解消することで、Windowsシステムの全体的な高速化が実現可能とされている。

 同社によれば、UpTempoを導入することで、サーバ、クライアントPCを問わず、ブロックキャッシュによるI/O処理が高速化され、システム全体のパフォーマンス向上が期待できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]