編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ネットワールドとNECソフト、ストレージ仮想化製品の販売で協力

ニューズフロント

2005-11-28 15:45

 ネットワールドとNECソフトは11月28日、ネットワールドのサーバ仮想化ソフトとNECソフトのストレージサーバ装置「MelodiousStor」を組み合わせて、「ストレージ仮想化ソリューション」として販売すると発表した。

 MelodiousStorは、データコア・ソフトウェアの仮想ストレージ技術「SANmelody」をコアエンジンとして採用したサーバ。SAN接続された複数のストレージをまとめて管理、統合し、各サーバにストレージ資源を割り当てることができる。ストレージ仮想化ソリューションでは、MelodiousStorとネットワールドのサーバ仮想化ソフトに加え、EMCジャパンのネットワークストレージシステム「EMC CLARiX AX100」を使用し、仮想化システムを一括提供する。

 6テラバイトの仮想化ストレージ構成時の税別価格は、シングル構成システムが約500万円から、デュアル構成システムが約1200万円から。ネットワールドが販売を行い、今後1年間で3億円の売り上げを見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]