編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通とグリッド、AIサービスの共同開発に向けて協業

NO BUDGET

2017-04-19 17:29

 富士通とグリッドは、AIサービスの共同開発に向けて協業を開始すると発表した。

 富士通の AI技術「Human Centric AI Zinrai」(Zinrai)と、グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を組み合わせ、開発したサービスを「Zinrai プラットフォームサービス」の一部として富士通が提供していく。

 ReNomは、AI開発のためにグリッドが開発したフレームワークで、深層学習アルゴリズムや最適化アルゴリズム、生成モデルなどをライブラリとして備えている。このため、複雑なプログラミングをすることなく、必要とするライブラリを組み合わせるだけでAIを構築することができる。これにより、一から構築する場合に比べ、構築期間を4割以上短縮することが可能。

 Zinraiの技術を体系化し、プラットフォームサービスとして提供している富士通は、AI技術を持つ企業とのパートナーシップにによるエコシステムの拡大に取り組んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]