富士通、連絡手段ををスマホに集約できるサービス--IPトランシーバーに対応

NO BUDGET 2017年05月15日 15時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は5月11日、音声通話やSNSなどのコミュニケーションを1台のスマートフォンに集約して利用できるサービス「FUJITSU IoT Solution Smart Communication」(スマートコミュニケーション)の提供を開始した。

 必要となるスマートフォン端末の準備から、初期導入、運用支援、保守サポートまでトータルで提供する。工場や大型ショッピングセンター、イベント会場などの広大な現場や事業所と工場など離れた現場間でも、それぞれの場面で最適なコミュニケーション手段を活用できる。

 従来、多くの業務現場では、トランシーバーや内線PHS、携帯電話など複数の通信機器を持ち歩き、相手によって使い分けるといった煩雑なオペレーションとなっている。このため、通話やメールだけでなく、チャットや掲示板などスマートデバイスを活用したより効率的なコミュニケーション手段が求められているが、新しいアプリケーションの導入準備や、セキュリティリスクへの対応が必要で管理者の負担が懸念されていた。

 「IPトランシーバー」「ビジネスSNS」「デバイスLCM」の3つのサービスで構成されている。

 IPトランシーバーサービスは、専用のトランシーバーではなく、シアンス・アールが提供するスマートフォンアプリ「Aldioクラウド」を利用し、グループ内の一斉通話や指定した相手との個別通話ができるようにする。通話を自動的に録音し、いつ、誰が、何を話したかを通話履歴から本人や管理者が確認できる。1ユーザーあたり月額1000円。

 ビジネスSNSサービスは、ワークスモバイルジャパンが提供する、ビジネスユースにも安心して使える「LINE WORKS」を採用し、チャット機能で、1対1または目的別に設定したグループメンバー間でのメッセージやスタンプ、写真によるコミュニケーションを可能にする。掲示板機能で情報交換や意見交換も可能だ。管理機能としてメンバー管理機能、利用履歴のモニタリング機能なども備えている。1ユーザーあたり月額300円。

 IPトランシーバーとビジネスSNSを1カ月間利用できる「パイロットパック」も用意している。パイロットパックはユーザー数が10、スマートフォンのレンタル込みで9万8000円。

 オプションで提供されるデバイスLCMサービスは、富士通グループ製の法人向けSIMフリースマートフォン「ARROWS M357」をデバイスLCM(Life Cycle Management)やMDM(Mobile Device Management)サービス込みで月額レンタルする。導入時のアプリケーションのインストールや設定、故障時の保守サポート、機種の切り替えから回収まで端末利用のライフサイクルを通じて富士通が統合的に管理する。端末レンタルなしのLCMサービスだけの利用も可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化