NSAのツールを盗み出したハッカー集団、さらなる流出を予告--毎月有料で

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ) 2017年05月17日 11時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランサムウェアの「WannaCry」は、「Shadow Brokers」を名乗るグループの存在なくして、これほどまでに被害を拡大させることにはならなかったはずだ。そして、このハッカー集団の関与が再び表面化した。

 WannaCryの被害は150カ国で最大30万件に及び、病院、学校、企業のデバイスをロックして、身代金の支払いを要求した。バージョンの古い「Windows」の「Server Message Block」(SMB)の脆弱性を利用し、感染したPCのネットワークに侵入することにより、ごく短時間のうちに自らを拡散させることができた。

ランサムウェア
提供:MCT Graphics via Getty Images

 Shadow Brokersは米国家安全保障局(NSA)のハッキングツール群を盗み出し、攻撃に使われた「EternalBlue」を世界中に流出させた。Shadow Brokersは米国時間5月16日、NSAをはじめ世界に向けて、「今後さらに多くのツールが流出する」との警告を発した。

 Shadow Brokersは16日、ウェブサイト「Steemit」に掲載した公開書簡で次のように述べた。「TheShadowBrokersは6月、『TheShadowBrokers Data Dump of the Month』サービスを発表する。毎月ワインを発送する会費制サービスのように」。会費を払う会員に対し、ハッキングデータやツールを毎月提供するという。

 Shadow Brokersは、現在も米国のサイバーツール群の75%を有すると主張しているという。さらに、ブラウザ、ルータ、電話の脆弱性を突くこれらのツールや、ロシア、中国、イラン、北朝鮮から流出したネットワークデータを提供する可能性もあるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算