編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NSAのツールを盗み出したハッカー集団、さらなる流出を予告--毎月有料で

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-05-17 11:32

 ランサムウェアの「WannaCry」は、「Shadow Brokers」を名乗るグループの存在なくして、これほどまでに被害を拡大させることにはならなかったはずだ。そして、このハッカー集団の関与が再び表面化した。

 WannaCryの被害は150カ国で最大30万件に及び、病院、学校、企業のデバイスをロックして、身代金の支払いを要求した。バージョンの古い「Windows」の「Server Message Block」(SMB)の脆弱性を利用し、感染したPCのネットワークに侵入することにより、ごく短時間のうちに自らを拡散させることができた。

ランサムウェア
提供:MCT Graphics via Getty Images

 Shadow Brokersは米国家安全保障局(NSA)のハッキングツール群を盗み出し、攻撃に使われた「EternalBlue」を世界中に流出させた。Shadow Brokersは米国時間5月16日、NSAをはじめ世界に向けて、「今後さらに多くのツールが流出する」との警告を発した。

 Shadow Brokersは16日、ウェブサイト「Steemit」に掲載した公開書簡で次のように述べた。「TheShadowBrokersは6月、『TheShadowBrokers Data Dump of the Month』サービスを発表する。毎月ワインを発送する会費制サービスのように」。会費を払う会員に対し、ハッキングデータやツールを毎月提供するという。

 Shadow Brokersは、現在も米国のサイバーツール群の75%を有すると主張しているという。さらに、ブラウザ、ルータ、電話の脆弱性を突くこれらのツールや、ロシア、中国、イラン、北朝鮮から流出したネットワークデータを提供する可能性もあるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]