編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

HP、PCとプリンタがともに好調で7%増収--第2四半期

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 緒方亮 (ガリレオ)

2017-05-25 13:26

 HPは米国時間5月24日、予想を上回る2017年度第2四半期(4月30日締め)の決算を発表した。主力部門の2つが、待望の成長を遂げた。

 総売上高は、為替相場の変動による影響を除くと前年同期比で7%増の124億ドル。非GAAPベースの1株当たり利益は40セントだった。

 アナリスト予想は、1株当たり利益が39セント、売上高が118億8000万ドルとなっていた。

 PCを含むパーソナルシステム部門は前年同期比10%増。うちコンシューマー向けは16%増、コマーシャル(法人向け)製品は7%増だった。プリンタ部門は2%増。

 HPのDion Weisler最高経営責任者(CEO)は第2四半期について、PCとプリンタ両事業の売上高が前年同期を上回るのは7年ぶりのことであり、HPの「改革が効果を上げている」ことを示唆しているとした。

 Weisler氏は、さらに次のように述べた。「すべての地域と主要な財務指標において、ポートフォリオ全体が堅調だ。われわれは、収益性の高いシェアを獲得し、競合他社を上回る結果を出し、HP史上最高のイノベーションのいくつかをもたらしている」

 HPは第3四半期について、非GAAPベースの1株当たり利益が40~43セントと予想している。アナリスト予想では、第3四半期の1株当たり利益が42セント以上とされている。

 一方、エンタープライズ向けにストレージを提供するPure Storageも決算を発表した。売上高は前年同期比31%増の1億8260万ドルだったが、6240万ドル(1株当たり30セント)の純損失を計上し、非GAAPベースの損失は1株当たり14セントだった。

 アナリストらは、売上高が1億7753万ドルで、1株当たり損失が22セントと予測していた。

 オールフラッシュストレージを扱うPure Storageは、今四半期である第2四半期の売上高については強気の予想を示した。売上高が2億1400万~2億2200万ドルとみており、アナリスト予想の2億1500万ドルをやや上回っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]