編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

HPEはOpenStackをあきらめていなかった--Helion OpenStack 5.0発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-15 15:51

 もし、HPEがクラウド事業から離れようとしていたとあなたが考えていたとしても、私はあなたを非難することはできない。HPEは2015年の後半に、OpenStackベースのパブリッククラウドである「Helion」事業から撤退したのである。

 今年の初めには、HPEに在籍していたすべてのOpenStack開発者はSUSEに移籍した。HPEはクラウド、特にOpenStackに注力し、結果として別れを選んだのかーーいや、そう考えるのは早計だ。

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は先週、マサチューセッツ州ボストンで開催された「OpenStack Summit」で「HPE Helion OpenStack 5.0」を発表した。

 このIaaSクラウド製品は「OpenStack Newton」のコードベースに基づいており、厳密なかたちでAPI標準やサービスに準拠している。OpenStackのオープンAPIは、OpenStackが数多くの企業に普及している重要な一因であるため、この点は決して軽視できない。

 とりわけHelion OpenStack 5.0は、企業に浸透しているハイブリッドインフラの中核にプライベートクラウドを据えることを念頭に置いて設計されている。企業はこのプライベートクラウドをハイブリッド計画の基礎にすることで、既存のデータセンターやサーバ、アプリケーションを最大限に活用しつつ、パフォーマンスや経済性の向上とともに、製品化に要する時間の短縮を図るためのアジリティや信頼性を高められるようになる。要するに、旧来のIT世界と新たなIT世界の最も優れた部分を組み合わせられるようになるというわけだ。

 Helion OpenStack 5.0の売りは、OpenStack Newtonをベースにしたアップデートであるという点だ。これによって、より高いスケーラビリティと復元性を実現するとともに、より幅広いワークロードをサポートできるようになる。また、ネイティブなコンテナオーケストレーション機能が搭載される点は特筆に値する。具体的には「Docker」や「Kubernetes」「Apache Mesos」に基づいたセルフサービスコンテナを実行できるようになる。

 加えて、新たなベアメタルのマルチテナントネットワーキングによって、複数のユーザーがOpenStackリージョンをセキュアなかたちで共有できるようになる。またシステム管理者は、リージョン内でベアメタルなコンピュートノードと仮想化されたコンピュートノードを混在させられるようになる。これにより、テナントのネットワーク間での通信も可能になる。さらに、新たなHelionでは、「Ceph」をベースにしたSUSEのオブジェクトストレージが統合されてもいる。

 この新しいHelionは、HPEの開発チームを獲得したSUSEが生み出した最初の成果だ。SUSEの製品管理とクラウド、システム管理の責任者であるPeter Chadwick氏はOpenStack Summitにおいて、「SUSEはさまざまな力、すなわちHPEのライフサイクルとスケーラビリティ、SUSEの初期セットアップを融合することで、最高のOpenStackディストリビューションを作り出そうとしている」と筆者に語った。

 OpenStackをインストールし、メンテナンスしていくことに不安を感じているだろうか?HPEはこういった部分で人々の力になるとともに、同社の「HPE Pointnext」で収益を向上させていこうとしている。

 HPE Helion OpenStack 5.0の一般提供は、2017年夏に開始される予定だ。HPEの製品マーケティングマネージャーであるBrian Besand氏は同社ブログに、「HPEはOpenStackにコミットし続ける。われわれは企業がITサービスを実現する方法を変革するためのソリューションと専門性を有している」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]