OpenStackとは?

 物理サーバを仮想化技術によって複数の仮想マシンに分けることで、クラウド環境を構築するためのオープンソースソフトウェア。IaaS環境を構築する際に、サーバやストレージ、ネットワークなどの物理リソースを抽象化し、仮想的に利用できるようにする。AWSなどのパブリッククラウドの仕組みを、企業などが自らの環境下に構築する際などに、基盤として利用する。


 主なコンポーネントは以下の通り。


・仮想マシンの制御などを担うコードネーム「Nova」(正式名称:OpenStack Compute)

・オブジェクトストレージ「Swift」 (OpenStack Object Storage)

・仮想マシンイメージ管理の「Glance」 (OpenStack Image Registry and Delivery Service)

・統合認証機能を提供する「Keystone」 (OpenStack Identity)

・ユーザー、管理者用のウェブダッシュボード機能「Horizon」(OpenStack Dashboard)

・統合認証機能を提供する「Neutron」(OpenStack Networking)

・ブロックストレージを制御する「Cinder」(OpenStack Block Storage)

・リソース量の計測「Cilometer」(OpenStack Telemetry)

・オーケストレーション機能を提供「Heat」(OpenStack Orchestration)


 うち中核的機能は、仮想マシンを管理するNova、オブジェクトストレージを提供するSwiftの2つ。


 OpenStackの誕生は2010年。NASA(米国航空宇宙局)と米ホスティング事業者、Rackspace Hostingの共同プロジェクトとして発足した。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 2要素認証

    2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

    ハッキングや情報漏えいなどを通して盗まれた...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  6. 6 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  7. 7 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  8. 8 データアナリティクス

    ソフトウェアベースのクエリとアルゴリズムによってデータを検証すること。その情報について結論を出し、企業が意思決定を下すために行う。...(続きを読む)

  9. 9 GDPR

    EU一般データ保護規則のこと。EU加盟国に適用されてきた「データ保護指令」に替わり、新たに採択されたもの。適用が開始される2018年5月には...(続きを読む)

  10. 10 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

注目のキーワード

仮想マシン(VM)
仮想化ソフトによって仮想的に構築されたコンピュータ環境のこと。ネットワーク経由でアクセスした場合...
続きを読む
エピック
開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても...
続きを読む
SDS(Software Defined Storage)
ソフトウェア定義型ストレージのこと。ブロックストレージ、オブジェクトストレージなどに分けられる。
続きを読む
シンギュラリティ
「技術的特異点」と訳される、未来研究において、人類の技術開発の過程から推測できる未来モデルの限界...
続きを読む
バランストスコアカード
組織の業績を4つの観点(財務、顧客、業務プロセス、学習と成長)から捉えて、戦略やビジョンを明確にし...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]