編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

OpenStackとは?

 物理サーバを仮想化技術によって複数の仮想マシンに分けることで、クラウド環境を構築するためのオープンソースソフトウェア。IaaS環境を構築する際に、サーバやストレージ、ネットワークなどの物理リソースを抽象化し、仮想的に利用できるようにする。AWSなどのパブリッククラウドの仕組みを、企業などが自らの環境下に構築する際などに、基盤として利用する。


 主なコンポーネントは以下の通り。


・仮想マシンの制御などを担うコードネーム「Nova」(正式名称:OpenStack Compute)

・オブジェクトストレージ「Swift」 (OpenStack Object Storage)

・仮想マシンイメージ管理の「Glance」 (OpenStack Image Registry and Delivery Service)

・統合認証機能を提供する「Keystone」 (OpenStack Identity)

・ユーザー、管理者用のウェブダッシュボード機能「Horizon」(OpenStack Dashboard)

・統合認証機能を提供する「Neutron」(OpenStack Networking)

・ブロックストレージを制御する「Cinder」(OpenStack Block Storage)

・リソース量の計測「Cilometer」(OpenStack Telemetry)

・オーケストレーション機能を提供「Heat」(OpenStack Orchestration)


 うち中核的機能は、仮想マシンを管理するNova、オブジェクトストレージを提供するSwiftの2つ。


 OpenStackの誕生は2010年。NASA(米国航空宇宙局)と米ホスティング事業者、Rackspace Hostingの共同プロジェクトとして発足した。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  • IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)
  • アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)
  • GoogleのSaaS製品。オフィスの生産性スイートや電子メール、ドキュメント共有だけでなく、...(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語。プロジェクトの成功に(あるいは成功確率を上げるために)必要な外部環境や、起こるべきイベントが存在する場合がある。そのイ...(続きを読む)
  • 通常、電子回路を使って計算を実行する機械を指す。「電子計算機」とも言う。PC、メインフレーム、スマートフォンなどがこれに含まれ、いずれも以下...(続きを読む)
  • コンピュータ上で基本的な機能を担うソフトウェアのこと。CPU、メモリ、入出力装置の管理などを行う中核部分を「カーネル」と呼び、OS上で動作す...(続きを読む)
  • データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータベース管理システム。通常コンピュータではディ...(続きを読む)
  • データを一元的に格納する領域。...(続きを読む)
  • 従業員が雇用主の提供するストックオプションや積立金の権利を得ること。この権利は通常、事前に決めた時が来て全額に達するまで、時と共に価値が高ま...(続きを読む)

話題のキーワードと記事

  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これ... 続きを読む >
  • プロジェクト管理用語として使用する場合、そのプロジェクトの進捗を遅らせる主要な問題であり、外部か... 続きを読む >
  • 単に「メモリ」と呼ぶ場合は一般に、コンピュータを構成する要素の一つである主記憶装置を指す。ハード... 続きを読む >
  • GoogleのSaaS製品。オフィスの生産性スイートや電子メール、ドキュメント共有だ... 続きを読む >
  • インターネットや、プライベートな社内ネットワークを通じて、不特定多数ではなく特定のユーザーに対し... 続きを読む >

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]