OpenStack

 物理サーバを仮想化技術によって複数の仮想マシンに分けることで、クラウド環境を構築するためのオープンソースソフトウェア。IaaS環境を構築する際に、サーバやストレージ、ネットワークなどの物理リソースを抽象化し、仮想的に利用できるようにする。AWSなどのパブリッククラウドの仕組みを、企業などが自らの環境下に構築する際などに、基盤として利用する。


 主なコンポーネントは以下の通り。


・仮想マシンの制御などを担うコードネーム「Nova」(正式名称:OpenStack Compute)

・オブジェクトストレージ「Swift」 (OpenStack Object Storage)

・仮想マシンイメージ管理の「Glance」 (OpenStack Image Registry and Delivery Service)

・統合認証機能を提供する「Keystone」 (OpenStack Identity)

・ユーザー、管理者用のウェブダッシュボード機能「Horizon」(OpenStack Dashboard)

・統合認証機能を提供する「Neutron」(OpenStack Networking)

・ブロックストレージを制御する「Cinder」(OpenStack Block Storage)

・リソース量の計測「Cilometer」(OpenStack Telemetry)

・オーケストレーション機能を提供「Heat」(OpenStack Orchestration)


 うち中核的機能は、仮想マシンを管理するNova、オブジェクトストレージを提供するSwiftの2つ。


 OpenStackの誕生は2010年。NASA(米国航空宇宙局)と米ホスティング事業者、Rackspace Hostingの共同プロジェクトとして発足した。

関連記事

キーワードアクセスランキング

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]