編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

OpenStackとKubernetesの統合ソフト新版、コンテナが容易に--AWSをサポート

NO BUDGET

2017-09-29 18:45

 ミランティス・ジャパンは9月28日、OpenStackとKubernetesを統合した商用ディストリビューション「Mirantis Cloud Platform(MCP)」の最新版の提供を開始した。

 Amazon Web Services(AWS)、OpenStack、ベアメタルサーバにまたがるハイブリッドクラウドを容易に管理できるという“Containers as a Service(CaaS)”をリリース。マルチクラウドでのKubernetesクラスタのセルフサービスが可能になる機能を提供。開発者に加えて、運用者にもコンテナのデプロイと導入が促進されるという。

 新しく追加された「MCP CaaS」は、オンプレミスやAWS、あるいはその両方でのOpenStackインスタンスでのKubernetesの利用をサポート。今後さらにパブリッククラウドの選択肢を拡充する予定。最新版のMCPは、Kubernetesクラスタを管理するためにウェブベースのインターフェースが提供され、開発者は、Kubernetesベースのコンテナを直観的に作成、制御できるとしている。

 MCP CaaSはMCPの他のコンポーネントと同様、ライフサイクル管理(LCM)ソフトウェア群である「Mirantis DriveTrain」を活用しており、導入企業は、OpenStackとマルチクラウドのKubernetesを1つのオープンスタンダードベースのツールで統合的に管理し、パブリッククラウドとプライベートクラウドの横断的な利用も促進する。

 そのほか、最新版では、Operations Support System (OSS)ツールである「Mirantis StackLight」を強化しており、DriveTrainのアップデート、アップグレード機能も拡張をしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]