編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NTT Comとミランティス、マネージドプライベートクラウド提供で協業

ZDNet Japan Staff

2016-10-21 11:41

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とミランティス・ジャパンは10月21日、企業の多様なプライベートクラウドのニーズに対応するため、OpenStack環境のマネージドプライベートクラウドをサービスとして提供する「Managed Private OpenStack as a service」などのグローバル展開に向けて協業すると発表した。

 NTT Comが展開するクラウドサービス「Enterprise Cloud」の専有型ベアメタルサーバや、NTT Comのデータセンターで運用するサーバ機器において、ミランティスのクラウド基盤向けソフトウェア「Mirantis OpenStack」にマネージドサービスを加えた「Mirantis Managed OpenStack」を利用できる環境を2016年度中に提供するため、両社は共同開発を開始する。


 本環境の導入により、企業はプライベートクラウド環境の構築や運用の煩わしさから解放されるとする。パブリッククラウドと同様、多様なニーズに応じたOpenStackベースのプライベートクラウド環境を、迅速、低コストで利用できるようにする。

 NTT Comは、通信事業者としての強みを生かし、クラウド、データセンター、セキュリティ、マネージドサービスなどの各種サービスをグローバルに提供するとともに、世界中の主要データセンター間とEnterprise Cloud間を最大10Gbpsの広帯域ネットワークで接続するサービスを提供している。Managed Private OpenStack as a serviceの環境をグローバルかつシームレスに提供するとしている。

 Mirantis Managed OpenStackは、Mirantis OpenStackに、24時間365日保守サービスやオープンソースのソフトウェアツールを組み合わせたマネージドプライベートクラウドサービス。最大99.99%のSLAで提供する。

 NTT Comとミランティスは、両社の強みを生かし、俊敏性、信頼性、運用管理性、セキュリティなど、クラウドへのニーズに対応するOpenStackをベースとしたManaged Private OpenStack as a serviceを世界で提供する。また、運用管理の効率性を高める「Managed OpenStack Infrastructure as a code」の提供を目指す。

 両者は今後、Managed Private OpenStack as a serviceの提供に向け、両社によるサービス開発やマーケティング活動を進めるとともに、日本における企業向けのOpenStackの普及とエコシステムの拡大を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]