編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ドワンゴがRed Hat OpenStack Platformを導入、VM1000台規模に対応

NO BUDGET

2017-05-11 17:13

 ドワンゴが自社内の新サービス開発基盤に、レッドハットの「Red Hat OpenStack Platform」を導入した。レッドハットが5月10日、発表した。

 今回の導入でドワンゴは、インフラ部門からセルフサービスとAPIを開発部門に提供できるようになり、仮想マシンのインスタンスなどをタイムリーに利用できるようになった。

 ドワンゴは、新たに構築する開発インフラでOpenStackに注目。その理由に、コミュニティー活動が活発で情報が豊富で入手しやすいオープンソースソフトウェアであることを挙げている。同社では、コミュニティー版のRDOや他社の商用ディストリビューションと比較した結果、Red Hat OpenStack Platformを採用した。採用理由は、外部ネットワークを複数保持する自社データセンター内のネットワークの構成へ柔軟に対応でき、エンタープライズ分野でも多数導入されていたからだった。

 これまで同社は、インフラ部門が開発部門に新たなシステム環境を提供する際、仮想サーバを作成してOSやミドルウェアをセットアップした後、ネットワークなどを設定して引き渡すという工程を踏んでいた。しかし手作業が多く、時間もかかり、効率化が求められていた。また、用意する環境も物理、仮想の両サーバ環境が混在しており、一元管理ができないことも課題となっていた。

 新しい環境は1000台の仮想サーバを運用できる規模を想定。コントロールノードや監視、ログ収集、Red Hat OpenStack Platformのdirectorなどが同居したサーバが4台、仮想サーバを動かすコンピュートノードが十数台といった構成となっている。サービス単位でテナントに分けられ、自由に仮想インスタンスの作成や破棄等が行える。3月時点で既に十数のサービスで利用されている。

 具体的な効果として、新しい仮想開発サーバを立てる際、以前は開発部門に引き渡すまでに数日かかっていたが、現在ではスクリプト化され、10分ほどで完了するようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]