米ZDNet編集長Larryの独り言

レッドハット買収完了でどうなる?--IBMが投資家向け説明会で示した戦略

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-08-08 06:30

 IBMの最高経営責任者(CEO)Ginni Rometty氏は、Red Hatの買収によって財務状況は改善され、クラウド顧客の獲得は容易になり、IBMの成長につながると語った。

Ginni Rometty, CEO of IBM

 IBMの投資家向け説明会「Investor Briefing 2019」の主題は、Red Hatの買収についてだった。Rometty氏や、Red HatのCEOであるJim Whitehurst氏をはじめとするIBMの役員は、この説明会で両社の今後の戦略について説明した。

 この日の話の焦点は、今後、データや人工知能(AI)のワークフロー、ハイブリッドクラウドなどの要素をどのように1つにまとめていくかということだった。Rometty氏は「残り80%はこれからハイブリッド環境に移行されることになる」と述べた。IBMは以前からこの動きを「クラウドの第2章」と呼んでいる。

 Rometty氏の話は抽象度が高く、ミッションクリティカルなアプリケーションやワークロードのクラウドへの移行に対して、顧客が何を求めているかということに焦点を当てたものだった。同氏は「ハイブリッドクラウドに向かうべきなのは、アプリケーションのモジュール化が可能だからだ」と述べ、マルチクラウドやセキュリティ、コンテナやOSのオープンソース標準についても言及した。

 Rometty氏はまた、IBMとRed Hatの組み合わせが優れている理由を説明した。同氏は、IBMは世界のクレジットカード決済の90%を処理していることなどをはじめとして、多くのミッションクリティカルなアプリケーションを手掛けているほか、ワークロードのインストールベースも大きい一方で、Red Hatは「クラウドの第2章」へ向かう原動力を提供できると語った。同氏は「この道程には現在大きな責任を負っている企業の力が必要だ」と述べ、「それには、3万社の顧客との信頼できる関係と、業務プロセスに対する理解が必要になる」と続けた。

 Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」「OpenStack」「OpenShift」を標準としてもたらし、これらをIBMのサービスやグローバルな影響力と組み合わせることで相乗効果を狙う。「IBMはスタート地点を持っていたが、今やすべてのクラウドを超越する新しいゴール地点も持っている」とRometty氏は言う。「これによって、『一度作ればどこでも実行できる(build once and run anywhere)』が実現できる」

 Rometty氏にとって、投資家へのRed Hatの売り込みは、顧客への売り込みと同じくらい重要だ。同氏はRed Hatの買収に340億ドル(約3兆6000億円)を投じており、それに見合う成長を達成する必要がある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]