編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インテル、最大18コアの「Core i9」を発表--ハイエンド向け「Core X」シリーズ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-31 07:20

 Intelは、同社初となる18コアプロセッサ「Core i9-7980XE」をはじめとする、一連の新しい高性能デスクトップチップを発表した。

 メインストリームユーザー向けに4コアを搭載する第7世代「Core i5」および「Core i7」プロセッサと比べると、「Core Xシリーズ」は、ライブストリームが必要なゲーマーや、仮想現実(VR)ビデオ編集、3Dモデリング、特殊効果制作などのアプリケーションを実行するユーザーを対象としている。


提供:Intel

 同シリーズの最上位チップは、デスクトップ上で最高レベルの性能を求め、それに対して相応の対価を支払ってもかまわないと考えるユーザー向けだ。

 Core Xシリーズの最上位に位置づけられているのが、1999ドルの「Core i9 Extreme Edition」プロセッサであるCore i9-7980XEで、Intelによると、テラフロップス性能と18コアを備える世界初の民生デスクトップCPUだという。

Intel Core i9
提供:Intel

 Core i9プロセッサとしてはその他に、16コア、14コア、12コア、10コアのバージョンが用意されており、価格はそれぞれ1699ドル、1399ドル、1119ドル、999ドル。

 10コアの「i9-7900X」の999ドルという価格は、Intelが2016年に1650ドルでリリースした10コアCPUの「i7-6590X」よりもはるかに低くなっている。この10コアCore i9チップのベースクロック速度は3.3GHz。

 Core Xシリーズには、Core i7チップも8コア、6コア、4コアの3種が用意されており、価格はそれぞれ599ドル、389ドル、339ドルとなっている。エントリーレベルの4コア搭載Core i5の価格は242ドル。

 Intelが述べているように、Core XシリーズのCPUは主に「Sky Lake」プロセッサをベースとするが、4コアのCPUのみ「Kaby Lake」をベースとしている。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]