編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

サポート切れのWindows版QuickTimeに脆弱性、使用中止を

ZDNet Japan Staff

2017-06-13 15:48

 情報処理推進機構(IPA)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月13日、Windows版QuickTimeのインストーラに脆弱性が存在するとして情報を公開した。既にAppleのサポートが終了しているため、使用中止を勧告している。

 脆弱性は、インストーラがDLLを読み込む際の検索パスに問題があり、同一ディレクトリに存在する特定のDLLを読み込んでしまうというもの。悪用された場合、インストーラを実行している権限で任意のコードを実行されてしまう恐れがある。

 脆弱性は、QuickTime 7.7.9 for Windowsまでのインストーラに存在するとみられるが、Appleのサポートは2016年1月で終了しており、今回の脆弱性は修正されない。共通脆弱性評価システム(CVSS)バージョン3を用いたJPCERT/CCによる脆弱性の評価では、基本値が7.8(最大は10.0)とされている。

 フレクセラ・ソフトウェアが4月に発表したレポートによると、ベンダーサポートが終了したソフトウェアの市場シェアランキングで、Apple QuickTime 7.xが3位(シェア33%)と報告されている

AppleサイトではまだWindows版QuickTimeのインストーラが公開されているが、脆弱性は修正されない''
AppleサイトではまだWindows版QuickTimeのインストーラが公開されているが、脆弱性は修正されない

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]