ランサムウェア

ランサムウェア「Oni」出現、日本が標的の可能性

ZDNet Japan Staff 2017年07月07日 18時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイランスは、国内で「ONI」と呼ばれるランサムウェアの感染報告が幾つか寄せられたとして、注意を呼び掛けている。感染経路などの詳しい状況は不明ながら、日本を標的にしている可能性があるという。

 同社によれば、このランサムウェアは、少なくとも6月から存在する「GlobeImposter」と呼ばれるランサムウェアの亜種とみられる。感染すると、ファイルをRSA 2048/AES 256のアルゴリズムで暗号化して「.oni」という拡張子に変え、身代金を要求する。なお、「%Temp%\qfjgmfgmkj.tmp」というファイルが存在する場合は活動を停止し、「windows」など一部フォルダ内のファイルは暗号化しないといった特徴がある。

ファイルが暗号化され、拡張子が「.oni」に変更された様子(出典:サイランス)''
ファイルが暗号化され、拡張子が「.oni」に変更された様子(出典:サイランス)

 暗号化の後には「!!README!!.html」というHTMLファイルを作成され、ここには日本語でファイルを暗号化したことや、回復手順の問い合わせ先と称するメールアドレスが記載されている。こうした点からサイランスはこの攻撃が日本を狙った攻撃だと予想する。

日本語の身代金要求メッセージ(出典:サイランス)''
日本語の身代金要求メッセージ(出典:サイランス)

 このランサムウェアは、WannaCryのようなワームによる拡散機能を備えておらず、現時点では、メールやウェブサイトを経由して感染マシンに送り込まれるなどの感染経路が考えられるという。ただ、WannaCryのような手法を新たに取り入れる可能性もある。サイランスは、万一の被害の際にランサムウェアとしての対応だけなく、システムへの侵入や他の侵害の痕跡などを含めた調査を行うようアドバイスしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算