松岡功の一言もの申す

テレワーク向け「電話ボックス」は普及するか

松岡功 2017年08月17日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブとレノボ・ジャパンが先ごろ発表した電話ボックスのようなテレワーク向けコミュニケーションブース「テレキューブ」は、果たして普及するか。

「自分が困っていて欲しかった物を作った」


会見に臨むブイキューブの間下直晃社長

 両社が発表したテレキューブは、電話ボックスのような外観でテレビ会議などテレワークに必要なIT環境と防音性の高い作業スペースを統合した製品である。設置場所は企業のオフィススペースに加え、オフィスビルやサテライトオフィス、カフェ、商業施設、公共施設、鉄道の駅、空港などを想定。まず企業向けモデルを投入し、引き続きモバイルワークのビジネスパーソンが利用可能な一般向けモデルも提供する予定だ。

 テレキューブの概要など発表会見の内容については関連記事をご覧いただくとして、ここではテレキューブ普及の可能性について、筆者なりのチェックポイントを2つ挙げておきたい。まずはブイキューブの間下直晃社長が会見で語った開発の狙いについて要点を記しておこう。

 「働き方改革に向けて生産性を向上できるテレワークの導入機運が高まってきている。ただ、テレワークを行う際に大きな課題となっているのが、社内外においてテレビ会議などでコミュニケーションできる場所が不足していることだ。テレキューブはそうした課題を解決し、テレワークを促進するために開発した」

 さらに、同氏はこうも述べている。

 「テレキューブは今後、テレワークが広がっていく中で“話せる場所がない、すなわちテレワーク難民”を救済するために開発したが、そもそもテレワークをしまくっている私が困っていて欲しかった物を作った」

 要は、自分が困っていて欲しかった物を作ったと。この開発に向けた強い動機をチェックポイントの1つに挙げたい。


企業向けテレキューブの概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化