編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
松岡功の一言もの申す

テレワーク向け「電話ボックス」は普及するか - (page 2)

松岡功

2017-08-17 12:00

テレキューブは「テレワークのプラットフォーム」

 もう1つのチェックポイントは、テレワークおよびテレキューブの普及拡大に向けて、賛同企業・団体を募ったうえで「テレキューブコンソーシアム」(事務局:ブイキューブ内)を設けたことである。これはパートナーエコシステムというより、オープンイノベーションの取り組みだ。この動きに、間下氏のテレキューブへの力の入れようがうかがえる。

 同コンソーシアムの設立方針は、「テレワークを日本で当たり前の働き方として定着させ、国民がいつでもどこでも“安心して”働くことができる環境を構築。それを実現させるため、働き方改革を推進するノウハウ、サービスを集結させ、日本から世界へ新たなワークスタイルを発信していく」としている。

 また、ミッションとしては、「働き方改革を実現させるため、テレワークを通じて直面する課題を解決」「テレキューブの機能・品質改善と普及によるテレワーク可能企業・場所の拡大」「生活シーンにおけるテレワーク経験価値の向上」の3つを掲げている。この設立方針とミッションの文面からも熱意が伝わってくる。

 間下氏は同コンソーシアムについて、「テレキューブを働き方改革のICTインフラの1つとしてどう生かしていけるか。さまざまな企業や団体とアイデアを出し合いながら、活動を広げていきたい」とも語った。流行の言い回しをすれば、テレキューブは「テレワークのプラットフォーム」を目指すといったところか。

 ただ、このテレキューブを生かすためにも、2016年9月時点で13.3%という企業のテレワーク導入率をできるだけ早く引き上げる必要がある。政府はこれを2020年に30%以上にするという目標を掲げているが、セキュリティなどの安全面、勤務形態などの制度面、システムの運用面など課題は少なくない。

 とはいえ、間下氏が言うように「テレワーク難民」は今後ますます深刻な問題になってくるだろう。その救済に向けて、そうそうたる企業が名を連ねているコンソーシアムの活動も大いに注目されるところである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]